F1 ダニエル・リカルド ルノーF1
ダニエル・リカルドは、2018年のレッドブル・レーシングとのチャレンジングなシーズンが、今年にむけて自分を“より成熟した人間”にしてくれたと感じていると語る。

昨年8月、ダニエル・リカルドが5シーズンを過ごしたレッドブル・レーシングを退団し、2019年からルノーと2年契約を結んで移籍することを選択したことはF1界に衝撃を与えた。

2月12日(火)に新しいチームメイトであるニコ・ヒュルケンベルグとともにルノーの2019年F1マシン『R.S.19』の発表会に出席したダニエル・リカルドは、ルノーに加入したことの興奮を語った。

「ルノーはモータースポーツにおいて大きな歴史を持っているし、彼らのF1での旅の次のステップの一員になることはエキサイティングなチャレンジだ」とダニエル・リカルドはコメント。

「僕はコース上で仕事をして、出来る限り速く走るためにここにいるけど、チームにエネルギーをもたらしたいと思っている。全員のステップに弾みをつけたいと思っている。それも僕の仕事の一部だし、僕の性格でもあるからね」

「チームがさらに少しだけ努力して、みんなで本当に協力して仕事をするチームにできることを目指している。ポジティブなエネルギーの触媒になりたいんだ」

ダニエル・リカルドのレッドブル・レーシングでの最終年は、頻繁に信頼性トラブルに見舞われて上位を争うチャンスを失った。表彰台に上がったのは優勝した中国とモナコの2回のみ。最終的に8回のリタイアを喫してレースを終えている。

それでも、ダニエル・リカルドは、昨年の苦境がルノーとの初シーズンにむけて人間的に成熟する助けになると信じていると語る。

「2018年に学んだすべてのことが、2019年に自分をもっと良いバージョンにしてくれると思っている」とダニエル・リカルドは語る。

「その違いは、より成熟した人間になるということだ。自分がどこを目指しているのかより明確になっているし、コース上で良い結果を出すことを目指している」

「多くのポジティブなプレッシャーや結果への期待を感じている。でも、それに取り掛かるのを楽しみにしている」

関連:ルノーF1チーム、2019年F1マシン『R.S.19』を発表

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ダニエル・リカルド | ルノー