F1 ダニエル・リカルド レッドブル・ホンダ
ダニエル・リカルドは、レッドブル・レーシングが2019年にホンダのF1パワーユニットに切り替えることを決断したのは、ルノーとの関係が悪化したことによる感情的なものではないことを理解することが重要だと語る。

ダニエル・リカルドは、まだレッドブルとの新契約にサインしていないが、2019年にホンダのF1エンジンを搭載する新生“レッドブル・ホンダ”に残留することになると考えられている。

レッドブル・レーシングがホンダのF1パワーユニットを搭載することに完全に納得しているかと質問されたダニエル・リカルドは「たぶんホンダを運転してみるまで100%は分らないと思う」と Autosport にコメント。

「もちろん、チームからは何度も聞いているし、彼らはその理由を伝えてくれている」

「僕にとって重要なことは、彼らがなぜそうしたのか、それがただの感情だけではないことを理解することだ。『ルノーとの関係はもう何をしてもダメだ。我々は変えたいから変える』といったようにね」

「もちろん、彼らは宿題を終えたし、彼らはそれがただの感情的な決断ではなく、良いことだと強く信じている」

「彼らはそれを実現させて僕に希望を与えるためにやれることをやってくれた」

レッドブル・レーシングのチーム代表クリスチャン・ホーナーは、ダニエル・リカルドにホンダについて説得する必要はあまりなかったと語る。

「我々は膝を突き合わせて話し合い、我々が行った変更の背景にある論理的な根拠について説明した」

「変化のタイミングだというのが現実だ。我々は毎年同じことをやっているし、ホンダの本物の進化を目にしてきた。異なるルートに進んで進化するにはとにかく正しいタイミングだと感じている」

レッドブルの姉妹チームであるトロロッソは今年からホンダのF1パワーユニットを搭載。そして、ホンダがF1カナダGPで導入した内燃エンジンのアップグレードが本家レッドブル・レーシングの契約へと繋がった。

しかし、トロロッソ・ホンダのドライバーであるピエール・ガスリーは、先週末のF1イギリスGPで、ホンダのパワーユニットによってトロロッソは直線スピードで約1秒が犠牲になっていると語っている。

ダニエル・リカルドは、ピエール・ガスリーの発言が2019年にむけたホンダへの信頼に影響することはないとし、F1イギリスGPの予選後に「まあ、僕たちもルノーで同じように失っているからね」と語っていた。

レッドブル・レーシングでリカルドのチームメイトを務めるマックス・フェルスタッペンは、ルノーのF1エンジンのパワー不足におって1秒くらい失っていると何度も語っており、レースでのライバルとのパワー差は“悲劇的”だと述べている。

ルノーは、2014年にF1がパワーユニット時代に突入して以来、フェラーリとメルセデスに匹敵することができず。レッドブル・レーシングとそのドライバーにとっては絶えずストレスとなってきた。

ルノーは、F1オーストリアGPで新しいハイパワーモードを導入したが、ダニエル・リカルドはその影響を軽視している。

「基本的には落ち着いたまだし、あまり興奮はしていない」とダニエル・リカルドはコメント。

「優れたものになると考えていれば、失望しやすい。良くなればそれは良いことだし、僕たちは何かを得ることができる」

F1でワールドチャンピオンを争えるパッケージを求めているダニエル・リカルドだが、他のオプションは狭まっており、レッドブルとの新契約にサインすることが濃厚だとされている。

メルセデスとフェラーリは、ダニエル・リカルドの興味を持っていると噂されていたが、最近ではその熱はさめており、マクラーレンもリカルドの移籍候補に浮上している。

「すべてのドアが閉じているわけではない」とダニエル・リカルドはコメント。

「でも、他のトップチームはおそらくラインナップを継続する可能性がますます高まっている」

「それに関する事実を把握しているわけではないけど、行間を読んだだけで、おそらく継続すると感じるものだ」

「もちろん、レッドブルでなければ、彼らは最も魅力的な2つのオプションだし、それが可能でないければ、僕ににとって他のオプションがレッドブルよりも優れていると確信するのは難しい。とにかく、自分の判断が正しいことを確かめるだけだ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ダニエル・リカルド