F1 ダニエル・リカルド レッドブル・レーシング
ダニエル・リカルドは、レッドブル・レーシングでの“ナンバー1”ステータスを求めていることで契約交渉が遅れているとの憶測を否定。また、自身のF1での将来について“すべてのドアが閉ざされたわけではない”と示唆した。

ダニエル・リカルドは、最近のレースで“混乱や不運”が続いていると感じているが、外部からは契約交渉によって集中力を失ているのではないかとの見方もある。

F1モナコGPで感動的な勝利を挙げて以降、ダニエル・リカルドは過去4レースで表彰台から遠ざかっている。また、F1オーストリアGPでは、予選戦略を巡ってチームメイトのマックス・フェルスタッペンと意見を対立させている。

ダニエル・リカルドは、レッドブル・レーシングでマックス・フェルスタッペンよりも優位なステータスを求めているわけではないと主張しつつも、新契約を停滞させている問題がなにかあることを示唆した。

「ナンバー1ステータスを望んでいるわけではない。その必要はないし、まったく問題はない」とダニエル・リカルドはコメント。

「もちろん、マックスはいい走りをしているけど、モナコ以降、毎週末でちょっとした妨げや不運があったと思う。ポール・リカールでのフロントウイングのようなね。それが僕をうんざりさせている」

F1でワールドチャンピオンを争えるパッケージを求めているダニエル・リカルドだが、他のオプションは狭まっており、レッドブルとの新契約にサインすることが濃厚だとされている。

メルセデスとフェラーリは、ダニエル・リカルドの興味を持っていると噂されていたが、最近ではその熱はさめており、マクラーレンもリカルドの移籍候補に浮上している。

「すべてのドアが閉じているわけではない」とダニエル・リカルドはコメント。

「でも、他のトップチームはおそらくラインナップを継続する可能性がますます高まっている」

「それに関する事実を把握しているわけではないけど、行間を読んだだけで、おそらく継続すると感じるものだ」

「もちろん、レッドブルでなければ、彼らは最も魅力的な2つのオプションだし、それが可能でないければ、僕ににとって他のオプションがレッドブルよりも優れていると確信するのは難しい。とにかく、自分の判断が正しいことを確かめるだけだ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ダニエル・リカルド | レッドブル