F1レース結果の2009年08月のF1情報を一覧表示します。

F1ベルギーGP 決勝 (ドライバーコメント)

2009年8月31日
F1 ベルギーGP決勝 ドライバーコメント
2009 FORMULA 1 ING BELGIAN GRAND PRIX

F1ベルギーGP 決勝:ライコネンが今季初優勝!フィジケラ2位

2009年8月30日
F1 ベルギーGP 結果
F1第12戦 ベルギーGPの決勝レースが30日(日)、スパ・フランコルシャン・サーキットで行われた。

優勝は、フェラーリのキミ・ライコネン。フェラーリにとって、そしてライコネンにとって今シーズン初の優勝となった。

2位は、フォース・インディアのジャンカルロ・フィジケラ。チーム初ポイントを2位表彰台8ポイントで飾った。

F1ベルギーGP 予選 (ドライバーコメント)

2009年8月30日
F1 ベルギーGP予選 ドライバーコメント
2009 FORMULA 1 ING BELGIAN GRAND PRIX

F1ベルギーGP:予選後の全F1マシンの燃料搭載量

2009年8月30日
F1ベルギーGP マシン重量
F1ベルギーGP予選後の全マシンの重量が発表された。

ジャンカルロ・フィジケラがポールポジションという驚きの結果となったF1ベルギーGP予選。しかし、燃料搭載量を均して見ても、フィジケラのパフォーマンスは4番手であり、十分に実力で勝ち取った結果といえる。

最も競争力があるのは、2位のヤルノ・トゥルーリだ。フィジケラよりコンマ2秒は上回るポテンシャルを持っており、レース展開次第ではトヨタのF1初優勝も狙えるパフォーマンスと言える。

F1ベルギーGP 予選:フィジケラがポールポジション!

2009年8月29日
F1 ベルギーGP 予選
F1第12戦 ベルギーGPの予選が29日(土)、スパ・フランコルシャン・サーキットで行われた。

ポールポジションを獲得したのは、フォース・インディアのジャンカルロ・フィジケラ。フォース・インディアにチーム初のポールポジションをもたらした。

2番手はトヨタのヤルノ・トゥルーリ、3番手にはBMWザウバーのニック・ハイドフェルドが続いた。

F1ベルギーGP フリー走行3回目:ハイドフェルドがトップタイム

2009年8月29日
F1ベルギーGP フリー走行3回目
F1第12戦 ベルギーGPのフリー走行3回目が29日(土)、スパ・フランコルシャン・サーキットで行われた。

トップタイムを記録したのは、BMWザウバーのニック・ハイドフェルド。3番手にはトヨタのヤルノ・トゥルーリ、3番手にはフォース・インディアのエイドリアン・スーティルが続いた。

中嶋一貴(ウィリアムズ)は、19番手でセッションを終えている。

F1ベルギーGP フリー走行2回目:ハミルトンがトップタイム

2009年8月28日
F1ベルギーGP フリー走行2回目
F1第12戦 ベルギーGPのフリー走行2回目が28日(金)、スパ・フランコルシャン・サーキットで行われた。

午前中は雨が降ったスパだが、午後は晴れ、ドライコンディションの中でセッションは行われた。

トップタイムを記録したのは、マクラーレンのルイス・ハミルトン。2番手はトヨタのティモ・グロック、3番手にはフェラーリのキミ・ライコネンが続いた。

F1ベルギーGP フリー走行1回目:トゥルーリがトップタイム

2009年8月28日
F1ベルギーGP フリー走行1回目
F1第12戦 ベルギーGPのフリー走行1回目が28日(金)、スパ・フランコルシャン・サーキットで行われた。

セッションはドライでスタートしたが、30分あたりからコース上には雨が落ちた。そのためタイムシートは雨が降る前に走行を行った10名のタイムが反映されている。

トップタイムはトヨタのヤルノトゥルーリが記録した1分49秒675。2番手タイムはブラウンGPのジェンソン・バトン、3番手タイムにはルノーのフェルナンド・アロンソが続いた。

F1ハンガリーGP 決勝 (ドライバーコメント)

2009年8月24日
F1 ヨーロッパGP決勝 ドライバーコメント
2009 FORMULA 1 TELEFONICA GRAND PRIX OF EUROPE
«Prev || 1 | 2 || Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム