F1ベルギーGP マシン重量
F1ベルギーGP予選後の全マシンの重量が発表された。

ジャンカルロ・フィジケラがポールポジションという驚きの結果となったF1ベルギーGP予選。しかし、燃料搭載量を均して見ても、フィジケラのパフォーマンスは4番手であり、十分に実力で勝ち取った結果といえる。

最も競争力があるのは、2位のヤルノ・トゥルーリだ。フィジケラよりコンマ2秒は上回るポテンシャルを持っており、レース展開次第ではトヨタのF1初優勝も狙えるパフォーマンスと言える。

ニック・ハイドフェルドも3番手のポテンシャルを持っており、自身初優勝のチャンスもある。

レッドブル勢が燃料を多めに積んできたのは興味深い。6番手に沈んだベッテルだが、パフォーマンス的にはトゥルーリに次ぐ2番手のポテンシャルがある。逆にプラウンGPが苦戦しているのが気になるところだ。バリチェロはトップ10では9番手のパフォーマンスとなる。

それ以外ではKERSを搭載し3列目からスタートするキミ・ライコネンがここでも面白い存在になるだろう。パフォーマンス的にはフィジケラに次ぐ5番手であり、オープニングラップで前に出れば、表彰台に絡んでくる可能性がある。

F1 ベルギーGP マシン重量

グリッドドライバーチームマシン重量予想ピットイン予選タイム
1.ジャンカルロ・フィジケラフォース・インディア648kg10周目1分46秒308
2.ヤルノ・トゥルーリトヨタ656.5kg13周目1分46秒395
3.ニック・ハイドフェルドBMWザウバー655kg12周目1分46秒500
4.ルーベンス・バリチェロブラウンGP644.5kg9周目1分46秒513
5.ロバート・クビサBMWザウバー649kg11周目1分46秒586
6.キミ・ライコネンフェラーリ655kg12周目1分46秒633
7.ティモ・グロックトヨタ648.5kg10周目1分46秒677
8.セバスチャン・ベッテルレッドブル662.5kg15周目1分46秒761
9.マーク・ウェバーレッドブル658kg13周目1分46秒788
10.ニコ・ロズベルグウィリアムズ670kg17周目1分47秒362
11.エンドリアン・スーティルフォース・インディア678.5kg20周目 
12.ルイス・ハミルトンマクラーレン693.5kg25周目 
13.フェルナンド・アロンソルノー684.4kg22周目 
14.ジェンソン・バトンブラウンGP694.2kg25周目 
15.ヘイキ・コバライネンマクラーレン697kg26周目 
16.セバスチャン・ブエミトロ・ロッソ685kg22周目 
17.ハイメ・アルグエルスアリトロ・ロッソ704.5kg28周目 
18.中嶋一貴ウィリアムズ706.1kg28周目
19.ロマン・グロージャンルノー704.7kg28周目 
20.ルカ・バドエルフェラーリ691.5kg24周目 


このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1レース結果