ルノーF1 「レッドブルに対して大きな何かを逃しているわけではない」
ルノーF1のチーム代表を務めるシリル・アビテブールは、レッドブルに対して大きな何かを逃しているわけではなく、小さな違いが積み重なって今の差がついていると語る。

シリル・アビテブールは、レッドブル・レーシングとのギャップがまだ埋められていないという事実はダニエル・リカルドのせいではなく、レッドブルから移籍してきたリカルドはガレージ全体をより高いレベルに引き上げたと語る。

「外の世界では、ドライバーは加入してすぐに競争力をもたらすことができるという認識がある。だが、残念ながら、そのように機能することはないし、それはマシン間のわずかな差に帰着する」とシリル・アビテブールは GP Racing にコメント。トップチームとの差は生んでいるのは小さなことであり、それがコンマ数秒の差になっていると説明する。

「レッドブルに対して大きな何かを逃しているわけではない。残念ながら、ダニエルが影響を与えることのできない多くの小さな違いの積み重ねだ。彼がマシンに競争力をもたらすることはない。だが、モチベーションなど、他の多くのことをもたらす」

シリル・アビテブールは、ダニエル・リカルドがルノーで2年間走ったという事実から大きな恩恵を受けたと語る。

「彼は社交的な人間だ。我々には非常にうまく働いている人々のグループがいる。彼の若いレースエンジニア、カレル・ルースの進歩を見てほしい。それは目覚ましい上昇であり、彼は自分の仕事をスケールアップすることができた。それは彼がダニエルと一緒に働いていた方法に非常に依存しており、ガレージの彼のすべての側にも同じことが当てはまる」

長い間、ルノーのF1へのコミットメントと将来については疑問視されていたが、シリル・アビテブールは、レッドブルからダニエル・リカルドを引き抜いたことは声明だったと語る。

「ダニエルを雇って以来、隠れ場所がなくなったことも重要だった。F1コミュニティの何人かの人々がルノーのコミットメントに疑問を持っていたことを知っている。社内外、パートナー、メディア、ファンに向けて声明を出すことが重要だった」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ルノー / レッドブル / ダニエル・リカルド