ルノーF1 代表 「アロンソから2022年に最も集中するよう言われている」
ルノーF1のチーム代表シリル・アビテブールは、来季から加入するフェルナンド・アロンソから新しいレギュレーションが導入される2022年に最も集中するよう指示されていると明かした。

今月7日、ルノーF1はマクラーレンF1に移籍するダニエル・リカルドの後任として2021年から2回のF1ワールドチャンピオンであるフェルナンド・アロンソと2年契約を結んだことを発表した。

だが、シリル・アビテブールは、実際にはフェルナンド・アロンソはすでに広範囲にわたる新しい技術規則と新世代マシンが導入される2022年に目をむけていると語る。

「フェルナンドは2021年に我々のチームで走るし、彼は我々の競争力を高めることに興味を持っているのは明らかだ」とシリル・アビテブールはコメント。

「だが、彼は『みんな、来シーズンのことは忘れろ』と我々に言っている。2021年に結果を出すつもりはないというわけではない。だが、主な焦点は2022年シーズンになるだろう」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ルノー / フェルナンド・アロンソ