ルノーF1 「リカルドの後任は2020年シーズンが開始するまで決定しない」
ルノーF1は、2021年のダニエル・リカルドの後任を誰にするかを決定するのは2020年のF1世界選手権がスタートするまで待つと語る。

セバスチャン・ベッテルのフェラーリF1離脱発表をきっかけに2021年のドライバー市場は大きく動き、カルロス・サインツがフェラーリ、ダニエル・リカルドがマクラーレンへと移籍し、ルノーF1のエステバン・オコンのチームメイトの座が空席となった。

ダニエル・リカルドの後任候補には、フェルナンド・アロンソ、セバスチャン・ベッテル、バルテリ・ボッタスというスタードライバーの名前が浮上しているが、ルノーF1はこの件について決定を急ぐつもりはないと語る。

ルノーF1のチーム代表を務めるシリル・アビテブールは、2021年のドライバーを決定する前に、チームの2020年F1マシンにどれくらいの競争力があるかを知っておくことが不可欠だと語る。

「我々はレースをしていないし、セッションさえしていない。ウインターテストを終えただけだ」とシリル・アビテブールは #thinkingforward の一環として語った。

「我々のパフォーマンスは励みになったが、それはウインターテストにすぎず、率直に言って、先ほども話してように我々のマシンの競争力をわかっていない」

「我々全員が分析を行っているが、本格的な予選を行うまではわからない。通常、マシンの競争力は、チーム、そして、我々が獲得した新しい人々の競争力を表す。したがって、決定を急ぐ前にどこに資金を投入したいかという優先順位を決めておきたい」

「正しい判断を下せるように時間をかけて適切な情報を集めたいというのが我々の立場だ。おそらくドライバーに関する次の決定は重要な決定になるし、2021年に我々に加わるドライバーは2022も残留することになるだろう」

「それに加え、レギュレーションへの移行によって競技面のロードマップは変更はしたが、我々の野心は変わっておらず、適切なドライバーを確保する必要があることを知っている。我々は時間をかけて、正しい判断を下せるようにしたいと考えている」

「最初のドライバーのドミノ倒しのようなものがあったと思う。また別のドミノ倒しがあると思うが、数か月はないだろう。つまり、我々は自分たちがその第2の動きの一部になると考えている。その間は何も起こらないだろう」

シリル・アビテブールは、ダニエル・リカルドがルノーF1の2020年マシンがどれくらい進歩するかを確認する前にチームを去るという選択をしたことに“失望”していると認めたが、リカルドに対してマクラーレンとフェラーリから彼らのラインナップを早期に確定させるために強いプッシュがあったことを示唆した。

「何よりも我々には一緒に走るための1年、1シーズンがあることを忘れないことが重要だ。我々はそのシーズンが昨シーズンよりも多くの結果を出せることを期待している。それは確かだ」とシリル・アビテブールは語った。

「安定なくして何かを構築できないと思っているので少し失望している。それはドライバーにも言えることだが、率直に言って、組織の他のメンバーにも同じことが言える」

「昨年は多くの変更があった。新しいテクニカルディレクター、新しい空力責任者、新しいエンジニアリングディレクターなど、部署のマネジネントや構造のスタッフの70%が変更された。過去12か月の間にこれらすべてはが多くの変化を伴って起こった」

「私はその結果を見たいと思っている。ドライバー変更やドライバーとのディスカッションのアクションに入る前に少しの待ち時間があることはわかっているからね」

「それから、ダニエルに決断を急ぐように押し付けた2つの特定のF1チームの活動に少し驚いている。我々はこのタイミングで前かがみにならずに計画通りに進めることを決定した」

「我々の計画と優先事項は、より良いマシンを作ることだ。昨年もっと良いマシンがあれば、おそらくこのような質問を私にすることはなかっただろう」

「そして、我々がより良いマシンを手に入れることができれば、将来、どんなドライバーでも引き付けることができることを知っている。それが我々の焦点であり、我々の優先事項だ」

「新しいレギュレーション、新しい取引(ルール)が我々の優先事項だった。F1の未来を確保することが我々の優先事項だった」

「彼は彼の決定を下し、我々は前へ進んでいる」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ルノー / ダニエル・リカルド