F1 ルノーF1
ルノーF1チームのプレジデントを務めるジェローム・ストールは、2021年の新F1レギュレーションのリリースができるだけ先延ばしになることを望んでいると語る。

ルノーF1チームは、新しいレギュレーションと予算制限が導入される2021年にむけて準備を進めており、今週、ヴィリーのエンジン施設の新しいビルディングの建設をスタートさせた。

しかし、ジェローム・ストールは、2021年のF1について不確実性が残っていると語る。

「エンジン側は今と同じようなレギュレーションが維持されることになるだろう」とジェローム・ストールは Ouest France にコメント。

「だが、現時点で我々がわかっているのはそれだけだ」

ジェローム・ストールは、メルセデスやフェラーリといったチームにはリソース面でアドバンテージがあると語る。

「そららのチームは一度に3台のクルマを開発することができるが、我々にはできない。我々が可能な限りレギュレーションのリリースを遅らせることについて逆説的に議論しているのはそのためだ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ルノー