F1 ルノーF1
ルノーの2019年F1エンジン『E-Tech 19』は前年モデルより最大で50馬力アップを果たしているとマネージングディレクターを務めるシリル・アビテブールは語る。

近年、ルノーは着実にチームを再構築しており、今年はフェラーリ、メルセデス、レッドブルとのギャップを縮めることを目標に掲げている。

ルノーは今シーズンに向けてF1エンジンのコンセプトを一新。2019年型F1パワーユニット『E-Tech 19』はすでにプレシーズンで非常に野心的な目標を達成しているとしている。

「我々はエンジンにおける不利な立場を解決しなければならなかった」とシリル・アビテブールは L’Equipe にコメント。

「テストベンチの数値は優れており、それがコース上でも相互関係を示している。我々は成し遂げた進歩を確認している」

「エンジンの改善はメルボルン、おそらくバーレーンでも戦えるものであるはずだ。特定の数値を教えたくないが、20~50馬力のゲインだと言っておこう」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ルノー