F1 ルノーF1 カルロス・サインツ
ルノーF1は、2019年のドライバーラインナップの代替案を検討できるようにレッドブルに対してカルロス・サインツの状況を明確にするよう求めている。

昨年末、ホンダ、マクラーレン、トロロッソを巡るエンジン契約の一環として、1年間のローン移籍という形でレッドブルからルノーに加入した。

レッドブルはダニエル・リカルドとの新契約をまだ締結できておらず、リカルドがレッドブルを離れる決断をした場合、カルロス・サインツはその後任としてレッドブルに戻ると考えられている。

ルノーF1のチーム代表シリル・アビテブールは、チャンスを逃したくないと考えており、レッドブルに早急な決断を迫っている。

「我々はリカルドとレッドブウルの決断を永遠に待つつもりはない」とシリル・アビテブールは L'Equipe にコメント。

「カルロスとすぐに状況をすぐに進めることができ、彼が来年の重要な選択肢になるのか、それとも我々は代替案を検討することになるのかのどちらかだ」

カルロス・サインツがレッドブルに戻ったばあ、フォース・インディアのエステバン・オコンがニコ・ヒュルケンベルグのチームメイトとしてルノーに加入する可能性が高いとされている。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ルノー