ジャック・エイトケン ルノーF1
ジャック・エイトケンが、先週ヘレスで2012年型のロータス E20でF1マシンでの初テストを実施。近い将来、もっと多くF1で経験を積みたいと述べた。

韓国とイギリスのハースで、ルノー・アカデミーのメンバーでGP3に参戦中のジャック・エイトケン(22歳)は、ロータス E20で200k以上を走行。「また走りたい」と興奮気味に語った。

「クルマに慣れるために順応の時間を得られたし、ショートランやロングランを走った」とジャック・エイトケンは Autosport にコメント。

「異なる燃料量やタイヤコンパインドなどいくつかのことを試した。いい感じだったし、多くのことを経験できた」

「素早くスピードを上げることができたのでかなり満足している。自分で予想していたよりもさらに速かった。チームは僕のためにすべてを本当にうまくやってくれた。彼らは出来る限りの準備をしてくれたし、全ての事が本当に素晴らしかった」

ルノー・スポールのマネージングディレクターを務めるシリル・アビテブールは、ヘレスでのジャック・エイトケンのパフォーマンスを暖かく見守った。

「水曜日にヘレスでジャック・エイトケンが2012年型のルノーV8エンジンを積んだE20で初走行を行うのを見ることができて嬉しく思う」とシリル・アビテブールはコメント。

「ジャックはルノー・スポール・アカデミーで順調に成長している。これは彼のドライビングキャリアにおけるほんとのマイルストーンだ」

ルノーは、2018年にニコ・ヒュルケンベルグのチームメイトとしてトロ・ロッソからカルロス・サインツをローンで獲得。ジャック・エイトケンがすぐにF1シートを獲得する可能性はほとんどない。

ホンダの育成ドライバーである福住仁嶺も所属するARTグランプリからGP3に参戦するジャック・エイトケンは、ハンガリーでの優勝を含め、現在チャンイオンシップで2位につけている。残り2ラウンドでチームメイトのジョージ・ラッセルとの差は41ポイントだ。

「数週間後にヘレスでのラウンドがあるし、まだチャンピオンを争っている」とジャック・エイトケンはコメント。

「またF1カーに乗りたいと考えることが後押しになるといいね」

チームメイトでランキング首位のジョージ・ラッセルは、メルセデスの育成ドライバーであり、8月のハンガリーテストでメルセデスと2日間のテストを行っている。

ジャック・エイトケン GP3

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ルノー | GP3