ジャック・エイトケン、ロータスE20でF1マシン初走行

2017年9月25日
ジャック・エイトケン ルノーF1
ジャック・エイトケンが、先週ヘレスで2012年型のロータス E20でF1マシンでの初テストを実施。近い将来、もっと多くF1で経験を積みたいと述べた。

韓国とイギリスのハースで、ルノー・アカデミーのメンバーでGP3に参戦中のジャック・エイトケン(22歳)は、ロータス E20で200k以上を走行。「また走りたい」と興奮気味に語った。

【GP3】 第6戦イタリア レース1:ラッセルが優勝、福住仁嶺はDNS

2017年9月3日
GP3 福住仁嶺 モンツァ・サーキット
GP3シリーズ 第6戦イタリアのレース1が3日(日)にモンツァ・サーキットで行われ、ジョージ・ラッセルが優勝。福住仁嶺はマシントラブルでレースをスタートすることができなかった。

前日に雨でF1の予選が押したことで、GP3のレース1は日曜日に移動。レース2は中止となっている。

日曜日のモンツァは快晴。レースはオープニングラップでレオナルド・プルチーニ(Arden International)とアレッシオ・ロランディ(Jenzer Motorsport)がクラッシュ。

【GP3】 レース1は日曜日に延期、レース2はキャンセル

2017年9月3日
GP3
GP3 第6戦 イタリアは、悪天候によるディレイにより、レース1は日曜日の午前中に延期、レース2はキャンセルとなった。

F1の予選が雨によって2時間半の中断となったことで、その後に予定されていたGP3とF2のレース1が後ろ倒しになった。当初、GP3は現地時間17:50に予定されていたが、F2を開催し、GP3は翌日に延期されることになった。

【GP3】 第6戦イタリア:雨で予選が中止、福住仁嶺がポールポジション

2017年9月2日
GP3 福住仁嶺
GP3シリーズ 第6戦イタリアの予選は雨によりキャンセルに。フリー走行1位の福住仁嶺がレース1での初ポールポジションを獲得した。

2日(土)にモンツァ・サーキットは朝から雨。GP3の予選開始時間になってもコンディションは変わらず、数回の延期を経て、予選の中止が決定。

これにより、フリー走行の結果でグリッドが決定。1位だったホンダの育成ドライバーである福住仁嶺(ART GRAND PRIX)のポールスタートが決定。

【GP3】 第6戦イタリア:福住仁嶺がフリー走行でトップタイム

2017年9月2日
GP3 福住仁嶺
GP3シリーズ 第6戦イタリアのフリー走行が1日(金)にモンツァ・サーキットで行われ、ホンダの育成ドライバーである福住仁嶺がトップタイムを記録した。

ドライコンディションで行われたフリー走行。福住仁嶺(ART GRAND PRIX)は1分38秒384をマークしてタイムシートのトップに立った。

2番手にはジョージ・ラッセル、3番手にはアントワーヌ・ユベール、4番手にはジャック・エイトケンとART GRAND PRIXがトップ4を独占した。

【GP3】 第5戦ベルギー レース2:福住仁嶺が4位入賞

2017年8月27日
GP3 福住仁嶺
GP3シリーズ 第5戦ベルギーのレース2が27日(日)にスパ・フランコルシャンで行われ、ホンダの育成ドライバーである福住仁嶺が4位入賞を果たした。

リバースグリッドで行われた13周のスプリントレース。6番グリッドからスタートした(ART Grand Prix)は、終盤に2人のドライバーのオーバーテイク成功して4位でフィニッシュ。8ポイントを獲得した。

【GP3】 第5戦ベルギー レース1:福住仁嶺が3位表彰台

2017年8月27日
GP3 福住仁嶺
GP3シリーズ 第5戦ベルギーのレース1が26日(土)にスパ・フランコルシャンで行われ、ホンダの育成ドライバーである福住仁嶺が3位表彰位を獲得した。

現地時間17時15分に17周のレースはスタート。2番グリッドからスタートした福住仁嶺(ART Grand Prix)は、一時は首位を走行するも守りきることができず3位でフィニッシュ。15ポイントを獲得した。

【GP3】 第5戦ベルギー 予選:福住仁嶺は2番グリッド獲得

2017年8月26日
GP3 福住仁嶺
GP3シリーズ 第5戦ベルギーの予選が25日(金)にスパ・フランコルシャンで行われ、ホンダの育成ドライバーである福住仁嶺が2番グリッドを獲得した。

ウェットコンディションで行われた予選。福住仁嶺(ART Grand Prix)はトップから0.2秒差となる2分27秒316をマークして2番グリッドを獲得。フロントローからレース1をスタートすることになった。

【GP3】 第5戦ベルギー:福住仁嶺はフリー走行で15番手タイム

2017年8月25日
GP3 福住仁嶺
GP3シリーズ 第5戦ベルギーのフリー走行が25日(金)にスパ・フランコルシャンで行われ、ホンダの育成ドライバーである福住仁嶺は15番手タイムとチャレンジングなスタートとなった。

福住仁嶺(ART Grand Prix)は15周を走行してトップから約2秒差となる2分8秒124を記録。トップタイムはトライデントのドリアン・ボッコラッチが記録した2秒6秒163。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム