レッドブルF1代表 「リカルドはF1への愛情を失っているように見える」
レッドブル・レーシングのF1チーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、マクラーレンのF1シートを維持するためにプレッシャーをかけられているダニエル・リカルドが、F1に対して以前と同じ情熱を持っているかどうかを疑問視している。

ダニエル・リカルドは、厳しい2022年シーズンを過ごしており、今年マクラーレンF1で唯一の表彰台を獲得しているチームメイトのランド・ノリスに50ポイント差をつけられている。結果の差は、マクラーレンF1でのリカルドの将来についての憶測を引き起こしている。

クリスチャン・ホーナーは、かつてレッドブルで活躍したダニエル・リカルドはより良い結果を出すことができると信じており、チームメイトのランド・ノリスとの差に驚いている。

「ダニエルは素晴らしいドライバーだ。彼は非常に速いドライバーだ。彼がマクラーレンであのような結果しか出せていないことに驚いている」とクリスチャン・ホーナーCambridge Unionに語った。

「ランドは素晴らしい仕事をしている。彼は今後を担う次世代のドライバーだ。F1で頭を垂れるとどのようなことが起こるかを示しているだけだと思う」

レースで勝利していたレッドブル・レーシングを離れたダニエル・リカルドは、一貫して上位を争えるペースの車を見つけるのに苦労してきた。2020年に2回の表彰台を獲得したルノーを離れたリカルドは、2021年のF1イタリアGPでマクラーレンにサプライズ勝利をもたらしたが、どちらのチームも全般的にミッドフィールドカーだった。

2022年のランド・ノリスとのパフォーマンス差は、マクラーレンF1が2023年の終わりまで契約を結んでいるにもかかわらず、ダニエル・リカルドがシートを喪失するとの憶測を呼び起こした。

マクラーレンのインディカードライバーであるパトリシオ・オワードは、将来のF1ドライバーになる可能性があると考えられており、チームのリザーブドライバーにはF2チャンピオンのオスカー・ピアストリがいる。

クリスチャン・ホーナーは、自信の欠如やスポーツへの欲求が2022年の彼の闘争の理由かもしれないと続けた。

「彼(リカルド)は我々の車で最も才能のあるドライバーの一人だったが、自信はとても重要な要素であり、彼が自信を失っていることがわかる」とクリスチャン・ホーナーは語った。

「彼はスポーツへの愛情を少し失ったようだ。彼はそれを再発見する必要があると思う」

「彼は、現在彼が示しているよりも優れたドライバーであり、彼はそれをもう一度発見する必要がある。」

ダニエル・リカルド F1 レッドブル・レーシング

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / マクラーレン / ダニエル・リカルド