レッドブルF1代表 「2011年のバトンとのバトルがフラッシュバックした」
レッドブル・レーシングのF1チーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、F1カナダグランプリのレース終盤に、2011年のセバスチャン・ベッテルのファイナルラップのミスがフラッシュバックしたと語った。

2011年のF1カナダグランプリでは、セバスチャン・ベッテルがレースをリードしてファイナルラップを迎え、ジェンソン・バトン(当時マクラレーン)が2番手から猛チャージを仕掛けた。

セバスチャン・ベッテルはターン6でミスを犯してコースを外れてリードを手放し、ジェンソン・ボタンが勝利を収めた。ベッテルは2位でフィニッシュした。

今年のF1カナダグランプリでは、マックス・フェルスタッペンがフェラーリのカルロス・サインツから猛チャージを受け、同じようなポジションにいた。しかし、今回はフェルスタッペンが勝利を勝ち取った。

フェルスタッペンにミスをしないように促したクリスチャン・ホーナーは、2011年のファイナルラップでのジェンソン・バトンとの攻防をよく覚えていると語った。

「10年前に何が起こったのか知っているか? 私は非常によく覚えている、まだそれについて悪夢を見る」とクリスチャン・ホーナーはレース後にSky Sports F1に語った。

「あそこの最後のヘアピンや、あの第1セクターでは、フロントホイールを非常に簡単にロックさせることがある」

「数年前のあの戦いについて考えていた。『マックスよ、ブレーキングでロックしないでくれ』と考えていた。彼は完全に冷静だった」

「本当に、本当に印象的なドライブだった」

ジル・ヴィルヌーヴ・サーキットでのマックス・フェルスタッペンの勝利は今季6勝目であり、ドライバーズチャンピオンシップで46ポイントのリードを獲得し、レッドブル・レーシングはコンストラクターズチャンピオンシップでフェラーリを76ポイント上回っている。

カナダグランプリでは、メルセデスF1が堅実な週末を過ごし、ルイス・ハミルトンが3位表彰台に上がり、ジョージ・ラッセルが4位に続いた。クリスチャン・ホーナーは、イギリスGPでも同じような展開になると予想している。

「シルバーストンはカレンダーで最高のサーキットの1つであり、今年も記録的な観客数になるだろう。そこで皆に会えるのを楽しみにしている」とクリスチャン・ホーナーは語った。

「メルセデスのドライバーたちには、きっと大きなサポートを受けると思うが、我々も気合が入っているし、昨年起こったことを正そうとしている」

また、フェラーリに関しては、バルセロナとどうように彼らに適したサーキットだと考えており、「純粋なフォーム」を見れば、戦いに参加するだろうとクリスチャン・ホーナーは語る。

「レース終盤のメルセデスのペースは非常に強かったので、それが要因になる可能性がある」とクリスチャン・ホーナーは語る。

「おそらくそのレースに向けてフェラーリもいくつかのアップグレードが行われると聞いているので、それを見るのは興味深いだろう。面白いレースになるだろうね」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / F1カナダGP