レッドブルF1首脳 「契約延長がセルジオ・ペレスのモナコ制覇に繋がった」
レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、セルジオ・ペレスがモナコグランプリで優勝する前にすでにレッドブル・レーソングとの新しい契約にサインしていたと明かした。

セルジオ・ペレスは、モナコグランプリで勝利してチーム代表のクリスチャン・ホーナーの表彰台に向かう途中に、新しい契約でもっと昇給を要求できたかもしれないので「早くサインしすぎたかもしれない」と冗談で語った。

それは、レッドブル・レーシングとの2024年までの新しい契約が発表される前の出来事だった。

レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーであるヘルムート・マルコは、将来を確保したことが、セルジオ・ペレスがモナコで活躍するための追加のインセンティブを与えたと考えている。

「モナコグランプリ前の金曜日に、我々は彼に契約延長を与えた」とヘルムート・マルコはOE24に語った。

「その後、彼はさらにやる気になった。このドライバーのデュオがいるのはとてもいいことだ。今年はすでに5回の勝利を記録している」

セルジオ・ペレスは、モナコグランプリの優勝でチームメイトのマックス・フェルスタッペンから15ポイント以内に迫り、週末を通してフェルスタッペンよりも速かった。

セルジオ・ペレスのパフォーマンスは、シーズンを通してマックス・フェルスタッペンと非常に近くマッチしており、ペレス自身も今年タイトルを獲得することを望んでいるが、マックス・フェルスタッペンは、シーズン終盤にチームメイトとタイトルを争うことになったとしても、両者の間で緊張が高まるとは考えていない。。

2人のドライバーの間でダイナミクスが変化する可能性について質問されたヘルムート・マルコは、彼らのタイトルのライバルが、手も足も出ていないだけだと反論した。

「マックスは落ち着いている。彼は十分な自信を持っている。フェラーリはプレッシャーにさらされている」とヘルムート・マルコは説明した。

「シャルル・ルクレールはプレッシャーに苦労し、ミスいを犯したが、それがレースだ。モナコでは、フェラーリにピットストップ戦略への対応を強要した。彼らは間違った反応をした。」

セルジオ・ペレスは、前戦スペインGPで勝利を争っていましたが、レッドブル・レーシングは、マックス・フェルスタッペンを勝たせるチームオーダーを展開したように見える戦略にペレスを切り替させたしかし、ペレスは次のモナコで優勝した。

「夢が叶った」とセルジオ・ペレスは語った。

「ドライバーとして、ここで勝つことを夢見てるものだ。ホームレースの次に、勝つための特別な週末は他にないと思う」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / F1モナコGP / セルジオ・ペレス