レッドブルF1、スペインGPでRB18の7kgの軽量化を実現との報道
レッドブル・レーシングは、2020年F1第6戦スペイングランプリに投入するアップデートでRB18の重量を7kg軽量化するとRacingNews365.comのテクニカルアナリストのパオロ・フィリセッティは語る。

2022年シーズンのこれまでレッドブル・レーシングとスクーデリア・フェラーリがフィールドを圧巻しており、マックス・フェルスタッペンが3勝、シャルル・ルクレールが2勝と勝利を分け合っている。

レッドブル・レーシングは4kgの軽量化を実現したイモラでのエミリア・ロマーニャGPでマックス・フェルスタッペンが完全勝利。続く、マイアミGPでも勝利を収めて、シャルル・ルクレールとの差を19ポイントまで縮めた。

RacingNews365.comのテクニカルアナリストであるパオロ・フィリセッティによると、スペインGPの週末にRB18は空力の変化とともにさらに7kg軽量化されると報じている。

レッドブル・レーシングのF1チーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、フェラーリに追いつくために一貫した「インクリメンタルゲイン」を求めているため、軽量化がRB18の優先事項であると説明。そして、厳しい予算上限にもかかわらずレースの忙しい夏の期間にわたって、より多くの開発が進行中であることを示唆した。

「イモラで物事がどれほど速く動くかを目にした。今後はいくつかの興味深いレースがやってくると思う」とクリスチャン・ホーナーはSky Sports F1に語った。

「車は順調に走っている。夏の後半にいくつかの開発が行われる。これは、もう少しの重量を節約する必要があるためだ。」

クリスチャン・ホーナーは、レッドブル・レーシングが“良い軌道”に乗っているが、今後のイベントで“すべてのエリア”で進歩を遂げたいと付け加えた。

「遅いコーナーを改善する必要がある。車から数kgを削ぎ落す必要がある。タイヤのデグレーションは重量の結果だ」とクリスチャン・ホーナーは語った。

「常に追いかけているのは、これらすべての小さなゲインの利益だ」

レッドブル・レーシングは優れた直線速度で優位に立っているが、スクーデリア・フェラーリがそれに応じてダウンフォースをトリムするように誘惑される可能性があるかどうかとクリスチャン・ホーナーは質問された。

クリスチャン・コーナーは、この状況を“哲学的”な状況として説明し、サーキットの特性に応じてリードバトルが行き来することを期待している。

「我々はそれ(直線速度)を念頭に置いて今年のキャンペーンに入った。フェラーリは別のエリアで最適化するように車を設計したと思う」とクリスチャン・ホーナーは語った。

「それはサーキットからサーキットへと移っていくと思う。おそらくモナコでは、彼らは大きなアドバンテージを持っているだろう」

「そうったい種類のトラックが登場するので、用途が広いことを確実にする必要がある」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / F1スペインGP