レッドブル・レーシング、“ガス欠”でダブルリタイアの噂を否定 / F1バーレーンGP決勝
レッドブル・レーシングは、2022年F1開幕戦バーレーングランプリでマックス・フェルスタッペンとセルジオ・ペレスが燃料を使い果たしたという噂を拒否した。

マックス・フェルスタッペンが、ステアリングとバッテリーの問題を訴え始めるまで、二人はバーレーンのレース終盤で2位と4位を走行していた。レッドブル・レシングは、両方の車のDNFを引き起こしたのは燃料システムの問題であると語っている。

「バッテリーはそれとは何の関係もなかった」とヘルムート・マルコ博士はORFに語った。

「マックスはそう考えたが、最終的な説明はない。今のところ、それはすべて単なる憶測だ」

いくつかのメディアは、レッドブル・レーシングのエンジンに「燃料がなかった」ことが原因であり、それは単なるチームの誤算であると報じている。かなりの燃料節約を可能にしたであろうセーフティカーの中断を考えると、それは途方もない割合の誤算だ。

だが、ヘルムート・マルコは、レッドブル・レーシングが燃料計算をミスしたとの見方も否定する。

「我々はタンクを1リットルまで空にするテストを行った」とヘルムート・マルコは主張した。

「決定的な説明はない」

一方、レッドブル・レーシングのスポークスマンは「完全で包括的な調査」が現在進行中であると述べた。

「これ以上のコメントは控える」とスポークスマンは述べた。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / F1バーレーンGP