レッドブルF1首脳、メルセデスF1との大きなパフォーマンス差を否定 「我々はカタールでミスを犯した」
レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、メルセデスF1とのパフォーマンス差を否定。F1カタールGPでチームはセットアップで道に迷ってミスを犯したと主張する。

2021年のF1世界選手権は、センセーショナルで緊密で、かつてないほどの緊張感をもって、中東での最後の2ラウンドを迎える。マックス・フェルスタッペンは8ポイントのアドバンテージは、事実上ないに等しい。

「ルイスが最後の2レースに勝った場合、彼はチャンピオンシップに勝つだろう。そして、彼はそれを知っている」とニキ・ラウダの息子であるマティアス・ラウダはServusTVに語った。

確かにルイス・ハミルトンは、マックス・フェルスタッペンに対いて8ポイントのビアインドを背負っているが、パフォーマンス上のアドバンテージは広がっているように見える。

レッドブルF1のヘルムート・マルコは、その危険を認識しているが、両チーム間で報告されたパフォーマンスの差を軽視している。

「我々はカタールでミスを犯した」とヘルムート・マルコは語った。

「最初のプラクティスセッションでは、0.4秒前にいた。その後、道に迷った」

「一方、ハミルトンは必要に応じて徐々にマシンのパフォーマンスを改善し、実行した」

「3回目のプラクティスセッションで、我々は最初のコーナーで突然0.3秒を失った」

一方、メルセデスのブラジルでの直線スピードの大きなアドバンテージは、カタールでは突然大幅に減少したように見えた。

「我々は最高速度で互いに近づいた。数週間ぶりにディスアドバンテージはなかった」とヘルムート・マルコは語った。

レッドブルF1の関係者は、そのディスアドバンテージを巻き返した一部は、FIAがメルセデスのリアウイングで疑念が持たれている柔軟性を抑制したためであると示唆している。

レッドブルF1は、メルセデスが新しいテストに合格するためにカタールで問題のあるリアウイングの搭載を断念したとさえ主張している。

「それは真実ではない」とメルセデスF1のチーム筋はAutoMotor undSportに語った。

「ウイングを変えてはいない。いずれにしろ、ウイングは堅固だった。100キロをの負荷を掛けることもできたかもしれない。したがって、次回はレッドブルは105キロを要求するだろう」

しかし、実際は、F1ブラジルGP後にヘルムート・マルコが“ロケット”と称した新しいエンジンをメルセデスはカタールでルイス・ハミルトンに搭載しなかったことがその真相かもしれない。

そして、次戦F1サウジアラビアGPと最終戦F1アブダビGPではその“ロケット”がルイス・ハミルトンのマシンに戻される。

「そこでは我々のスウィートでフレッシュなエンジンが開梱される」とメルセデスF1のチーム代表を務めるトト・ヴォルフは確認している。

マティアス・ラウダは「それはレッドブルへの強いメッセージだ」と語った。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / ホンダF1 / F1カタールGP