レッドブル・ホンダF1、ペレスの8.9秒のピットストップの原因を説明 / F1ロシアGP 決勝
レッドブルF1のクリスチャン・ホーナーは、F1ロシアGPでのセルジオ・ペレスの8.9秒のピットストップは、前戦F1イタリアGPでマックス・フェルスタッペンにレースに影響を与えた問題とは異なる原因だと説明した。

マックス・フェルスタッペンは、F1イタリアGPのピットストップで11秒かかった。メカニックの一人がジャッキマンに作業終了を伝えるボタンをあまりに早くに押してしまうという“ヒューマンエラー”が原因だった。

FIAはシーズン途中に新しい技術指令を発行。ホイールが締めらえる前にボタンが押された場合は何も起こらないようになり、プロセス全体を繰り返さなければならなくなった。

先週末のF1ロシアGPでは、セルジオ・ペレスが右リアタイヤの問題によって8.9秒制止することになった。

「タイヤを外すのに時間がかかり、その後、クラッチがリアホイールを回し、それを元に戻すのに時間がかかった。フラストレーションを感じた」とクリスチャン・ホーナーは説明した。

「技術指令のせいではなかった。ホイールを外すのにわずかな遅れがあり、クラッチは所定の位置にあるときにリリースされた。それは問題を悪化させるだけであり、セルジオの一日を犠牲にした」

残念ながら、関与したメカニックは、深刻ではないものの、手に負傷を負った。

レース後半に雨が降ったときにセルジオ・ペレスは3位を走行していた。だが、インターミディエイトに交換するという決断が遅れたことでポジションが犠牲になり、最終的に9位でレースをフィニッシュした。

「Checoはサイコロを振り、オプションを共有するチームの観点からステイアウトを望んだ」とクリスチャン・ホーナーは語った。

「マックスはピットに入るという決定から利益を得た。残念ながら、セルジオは代償を払った」

「後から見るのはいつだって簡単ですが、明らかに当時は非常に困難だった。フェルスタッペンの素晴らしい決断だった」

「ペレスは素晴らしいレースをした。彼は3位に戻っていたし、表彰台に立つべきだった」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / ホンダF1 / セルジオ・ペレス / F1ロシアGP