レッドブルF1首脳、“オープンマインド”のセルジオ・ペレスに感謝 / F1フランスGP 決勝
レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、マックス・フェルスタッペンが劇的な優勝を果たしたF1フランスGPのレース後、特にセルジオ・ペレスの存在に感謝した。

マックス・フェルスタッペンが2ストップ戦略を仕掛けた一方で、セルジオ・ペレスは25周まで第1スティントを伸ばし、終盤にはフェルスタッペンの追撃を助けるために順位を譲った。

「我々はペレスをより長くステイアウトさせることで、比較的早い段階でこの方向に取り込んだ。したがって、ペレスがいなければ、そして、彼がそれほどオープンマインドでなければ、我々はすべてを行うことができなかっただろう」とヘルムート・マルコはセルジオ・ペレスを褒め称えた。

最終的には、レース終盤にセルジオ・ペレスは、よりフレッシュなタイヤでバルテリ・ボッタスを仕留め、3位表彰台を獲得した。

一方、ヘルムート・マルコは、マックス・フェルスタッペンが首位に立つ残り2周までは苦痛な経験だったと認める。

「残り3周でハミルトンを捕まえると思っていたので、近づいたときは少し神経質になった。しかし、戦略、ピットストップ、それにもちろんマックスが完璧にやってくれた。そのすべての組み合わせだ」

レッドブル・ホンダF1は、ダブル表彰台を獲得したことで、コンストラクターズ選手権におけるメルセデスとの差を37ポイントまで広げた。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / ホンダF1 / F1フランスGP / セルジオ・ペレス