レッドブル・ホンダF1:セルジオ・ペレス獲得の正当性を証明 / F1アゼルバイジャンGP 結果
レッドブル・ホンダF1にとって、日曜日のF1アゼルバイジャンGPは、今季マックス・フェルスタッペンのチームメイトとしてセルジオ・ペレスを獲得したことの正当性を証明するレースとなった。

過去数年、レッドブル・ホンダF1はセカンドドライバーに恵まれておらず、孤軍奮闘を強いられたマックス・フェルスタッペンは、2台で戦うメルセデスF1との戦略駆け引きに巻き込まれていた。

レッドブルは、これまで自身のタレントプールから才能を引き上げてきたが、2007年のマーク・ウェバーを獲得して以来となるレッドブル外のドライバーとして経験豊富なセルジオ・ペレスと契約した。

F1アゼルバイジャンGPのレースは、まさにレッドブルがセルジオ・ペレスに期待していた結果を出すことになった。2-3体制、1-2体制でメルセデスに戦略の隙を与えず、ペレスはルイス・ハミルトンを抑え込んでマックス・フェルスタッペンに余裕を与え、フェルスタッペンがリタイアに追い込まれた際には、ペレスがしっかりとそのポジションを守って大量のポイントをメルセデスから奪った。

レッドブルのようなチームへの移籍には大きな期待が伴うが、チーム代表のクリスチャン・ホーナーは、チームとの6戦目で勝ったセルジオ・ペレスは現段階で予想以上に進んでいると語った.

今シーズン、アレクサンダー・アルボンの代わってチームに抜擢されたセルジオ・ペレスは、今年の序盤のレースでRB16Bへの適応が挑戦だったことを秘密にしなかった。しかし、金曜日のバクーではFP2でトップに立ち、「やっと車の運転方法を理解した」と歓喜した。

予選では赤旗のせいで7番手タイムしか出せなかったが、レースでは彼のペースは初めから明らかだであり、チームメイトのマックス・フェルスタッペンがトラブルに見舞われたとき、彼はその利益を得るための最適なポジションにいた。

クリスチャン・ホーナーは、セルジオ・ペレスがバクーのスペシャリストであることはチームも認識していたが、それでも彼らは彼のパフォーマンスに驚いたと語る。

「彼がここで優れていることは知っていたが、これほどまで優れているとは知らなかった」とクリスチャン・ホーナーは語った。

「彼は週末ずっと速かった。彼はペースを速めている。彼が犯した唯一のミスは、Q3の1回目のそうこうだけだった」

「彼のレースペースは驚異的だった。もし彼が最初のピットストップでマークをズレなければ、彼はマックスをオーバーカットしていただろう。クリーンエアでの彼のペースはそれくらい凄かった。彼にとっては驚異的だ」

クリスチャン・ホーナーは、ピットシーケンスで前に出た後、メルセデスのルイス ハミルトンを寄せ付けなかったセルジオ・ペレスの走りに特に感銘を受けたと語る。

「彼がルイスから防御し、それをコントロールする方法は、傑出していた。彼がその勝利を手にできたことは、彼の自信にとって素晴らしいことだろう。これで彼はドライバーズ・チャンピオンシップで3位につけた。彼は期待を上回っている」

ルイス・ハミルトンは、セルジオ・ペレスがレッドブルと契約したとき、レースの最前線で2つの戦略的要素を発揮することが予想されるためチームをより強くすると述べていた。

クリスチャン・ホーナーは、その点でもセルジオ・ペレスを賞賛した.

「明らかに、両方のマシンがあそこにいるのは素晴らしいことだ」とクリスチャン・ホーナーは語る。

「先頭マシンを失った日に、チェコがすぐそこにいて勝利をもたらすことは、我々に二の矢が追加されたということだと思う。それはまさに我々が探していたものだ」

「彼のために嬉しく思っているし、舞台裏で多大な努力を行ってきたチームのために喜んでいる. すべてのパートナーのためにもね。誰もが自分の役割を果たしており、チェコもその一部だ」

セルジオ・ペレスが2022年にチームに留まるのは当然のことだろうか?

「チェコの仕事には本当に満足している」とクリシウチャン・ホーナーは語った。

「23戦中6戦目だ。時間はたっぷりある。彼はチームにいることを楽しんでいるし、素晴らしい仕事をしている。自分がしていることを続ける必要がある」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / ホンダF1 / セルジオ・ペレス / F1アゼルバイジャンGP