レッドブルF1 「ハンガリーで勝てなくてもタイトル争いは終わりではない」
レッドブル・ホンダF1のモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、第3戦F1ハンガリーGPでメルセデスF1が再び勝ったとしても2020年のタイトル争いが終わるわけではないと語る。

メルセデスF1は2020年シーズンに強力なスタートを切った。過去にレッドブルF1が得意としてきたレッドブル・リンクで行われた開幕2戦を連勝で終えた。

ヘルムート・マルコは、メルセデスF1は強いが、レッドブル・ホンダF1はまだ彼らとタイトルを争うことができると考えている。

「彼らは非常に強いことを示した」とヘルムート・マルコは Motorsport Magazin に語った。

「メルセデスF1は大きなステップを果たしたし、それは我々とホンダF1の両方を驚かせた。だが、ハンガリーで我々が勝てないとしても、タイトル争いが終わるわけではない」

ホンダF1との2年目を迎え、ヘルムート・マルコはメルセデスのF1パワーユニットとのギャップが縮まることを願っている。

「ホンダは、昨年の冬に新しいターボを導入した。これにより、標高の高いサーキットで得ていた利点の一部が減少した」とヘルムート・マルコは語る。

「しかし、この変更により、シーズンを通じて一貫性が高まった。コーナーでは、メルセデスと同じくらい速いし、我々の方が速いコーナーさえあった。ただし、ストレートで多くのタイムを失っているため、マシンの調整が少し難しくなり、運転が少し難しくなっている」

「我々にはポテンシャルがある。我々は非常に優秀な人材を擁する大規模なチームです。十分な数のレースがあるが、メルセデスが設定した水準は高い。それには驚いが、私たちは戦い続ける」

関連:2020年 F1ハンガリーGP テレビ放送時間&タイムスケジュール

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / F1ハンガリーGP