レッドブル F1 イギリスグランプリ
レッドブルは、F1イギリスGPの決勝で、マックス・フェルスタッペンが4位、最後列からスタートしたダニエル・リカルドが5位でフィニッシュし、ダブル入賞を果たした。

マックス・フェルスタッペン (4位)
「ポジティブな一日だったし、レースを完走して、またポイントを獲得することができて嬉しい。最後はセブのパンクがあってちょっとラッキーだったし、僕の後ろに十分なスペースがあるのがわかったので安全のためにピットインした」

「左フロントの感触はあまり良くなかったし、フェラーリに起こったことを目にして、僕たちは安全策をとった。最後にキミがピットに入ったのを見ていたら、彼の前に出るためにステイアウトしていたかもしれないけど、僕たちは確実にフィニッシュするために予防措置としてピットインした。ここは速い右コーナーが多いので、それが左フロントを酷使するし、後半に問題が発生するかもしれないことはわかっていた。序盤は僕の方がセブよりかなり遅いことをわかっていたので、前にとどまるためにベストをとにかく尽くしたし、楽しかった。それが僕にできる唯一のことだったし、幸いにも彼はコース上では僕を抜くことができなかった。その小さなバトルの後はちょっと孤独なレースになった。僕たちのペースはかなり良かったし、レース中はクルマを競争的に感じていた。予選よりも感触は良かったし、これから昨日苦しんだ理由を理解する必要がある。4位は良い結果だ。予想していたよりも1つ良い順位かもしれない。それは常に嬉しいことだ。ハンガリーではいくつかアップグレードが入るし、トップ2チームと争うために前進できることを願っている」

ダニエル・リカルド (5位)
「テレビにたくさん映っていることを願っているよ。とにかくレース全体でオーバーテイクをしていように感じるし、ファンが楽しんでくれたことを願っている。序盤に多くのポジションを上げることができた。そのあとちょっと欲が出てコースオフしてしまい、また後方に下がってしまった。フィールドを切り抜けて挽回していくのは本当に楽しかったし、全てを出し尽くした。残り数周でヒュルケンベルグを捕え、そのあとセブに問題が発生して、5位が手渡された。セバスチャンにお礼を言わなきゃね。ここ数戦の日曜日の自分の出来には本当に満足している。今日も強かったし、最後列から5位を獲得できた。これ以上は求められないね。先週は狩られる側がったけど、今週はハンターだった。このスポーツが大好きだし、今日は本当に楽しむことができた。楽しさという点では今回のレースは10点満点だね。この6戦では日曜日にハニー・バンジャー(ミツノワグマ)が現れたと言っていいと思うし、本当に楽しかった」

関連:F1イギリスGP 結果:ルイス・ハミルトンがポール・トゥ・ウィン

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: レッドブル | F1イギリスGP