レッドブル
レッドブルのセバスチャン・ベッテルとダニエル・リカルドは、F1アブダビGP予選結果から除外された。ただし、決勝レースは後方グリッドからのスタートが認められている。

F1アブダビGPの予選終了後、FIAの技術責任者ジョー・バウアーがレッドブルのマシンに装着されたフロントウィングのフラップが高速走行中にたわむように設計されていることを発見。レッドブルにはレギュレーション違反の嫌疑がかけられていた。

ジョー・バウアー「カーナンバー1と3のフロントウィングを確認していたところ、フロントウィングのフラップが空力的な負荷がかかった際に曲がるように設計されていたことが判明した。私の見解ではF1テクニカルレギュレーション第3条15項に従うものではないと考えている。したがって、本件についてスチュワードの判断を仰ぎたい」と声明で説明した。

スチュワードは、チーム代表者と面談し、フラップがレギュレーションに違反していると判断。レギュレーションではオーバーテイク装置であるDRSを除き、アドバンテージを得るような可動式の空力パーツは禁じられている。

予選結果は取り消しになったが、レッドブル勢はグリッド最後尾からの参戦を認められた。レッドブルは処分を受け入れつつも声明で次のように述べている。

「両マシンのフロントウィングに関するスチュワードの判断を受け、他チームもレギュレーションを同じように解釈していることは明白であるにもかかわらず、フロントウィングのデフレクションテストに我々が選出されたことを残念に思っている」

「チームはスチュワードの決定を受け入れ、グリッド後方からレースをスタートさせる」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / F1アブダビGP