セバスチャン・ベッテル
レッドブルは、セバスチャン・ベッテルにスランプをもたらしているのがシャシーの欠陥なのかどうかを調査している。

レッドブルのチーム代表クリスチャン・ホーナーは、4度のワールドチャンピオンがRB10の“フィーリング”をつかめずにいると述べているが、単純にセバスチャン・ベッテルが新しいチームメイトのダニエル・リカルドに負けているという意見もある。

だが、少年時代からセバスチャン・ベッテルのキャリアを見守ってきたヘルムート・マルコは、違う理論を持っている。

「セバスチャンは、その特別なドライビングスタイルのによってダウンシフト時に安定したリアを必要とする。システムが一新されたことで、まだそれを得られていない」

しかし、ヘルムート・マルコは、セバスチャン・ベッテルがいずれ問題を解決すると述べた。

「2012年も同じだった。リアに満足できるようになった頃には彼はもう無敵だった」

しかし、ヘルムート・マルコはそれ以外にも原因が考えられるという。

F1中国GPを振り返り、「リカルドと比較して、なぜベッテルのタイヤ摩耗があれほど激しかったのかが理解できない」とヘルムート・マルコは首をかしげる。

「我々は彼のシャシーに問題がないかを調べているところだ」

ヘルムート・マルコは、シャシーに起因するかもしれない問題を取り除くため、レッドブルがセバスチャン・ベッテルに新しい“スージー(ベッテルにつけた愛称)”を与えると述べた。

「新しいものが準備でき次第、ベッテルはそれを手にする」とヘルムート・マルコは認めた。

しかし、シャシーの欠陥が問題でなければ、問題の早期解決策は保証できないという。

「今年はあまりに複雑すぎて、エンジニアでさえも全てを理解していない」

「セブにとっては、マシンを自分のニーズに合わせることがいっそう難しくなっている」

「しかし、セバスチャンは完全主義者だ。納得のいくまで調整を繰り返すだろう」

関連:セバスチャン・ベッテル、RB10を「スージー (Suzie)」と命名

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / セバスチャン・ベッテル