キミ・ライコネン 「F1マシンのアドレナリンの代わりを探す必要はない」
キミ・ライコネンは、2021年シーズン末にF1から引退した後、F1マシンに乗ってアドレナリンが湧き出てくる感覚を恋しく思うことはないだろうと語る。

F1グリッドで最も経験豊富なドライバーであるキミ・ライコネンは、今シーズン限りでF1キャリアに終止符を打つ。つまり、F1マシンを運転するスリルを楽しめるレースは残り6戦となった。

しかし、42歳のキミ・ライコネンは、F1のアドレナリンが人生から亡くなった後、、他のどこかで代わりを見つける必要がはないと語る。

「それをリプレースする必要はないと思う」とキミ・ライコネンは Motorsport-Magazin.com に語った。

「多くの点で、少なくとも僕にとってはここではごく普通のことだ。マシンの運転とはまったく違うわけではない」

「長い休憩をとってから初めてF1マシンを運転した場合、速く感じるだろう。でも、それも再び非常に普通のことになる。バトルをしたり、間違った場所に飛び出さない限りね。その場合はもちろんスピードを感じるよ! でも、僕がやっている他の多くのことの方がもっと怖いと感じるね」

その一例がモトクロスで、キミ・ライコネンは、F1マシンを運転するよりも彼を怖がらせると語る。

「できる限りモトクロスに乗ろうとしているけど、ここよりもはるかに怖いね!」とキミ・ライコネンは語った。

さらに、キミ・ライコネンの子供たちが彼の人生を楽しませ続けていると語る。

「もちろん、子供たちと一緒にいると、家でかなりエキサイティングだ」とキミ・ライコネンは語った。

F1で343戦をスタートしたキミ・ライコネンは、統計的にF1で最も長く活躍するドライバーとしての地位を確立した。

2001年にザウバーでキャリアをスタートしたキミ・ライコネンは、その後マクラーレンでのスティントを楽しんだ。そこで彼はF1グリッドのトップタレントとしての地位を確立し、その後フェラーリに移籍し、2007年にF1ワールドチャンピオンを獲得した。

F1から2シーズン離れた後、キミ・ライコネンは2012年にロータスでF1復帰し、2勝とさらに13回の表彰台を獲得した後、2014年からフェラーリと再契約した。2019年にザウバーが母体のアルファロメオに移籍し、キミ・ライコネンは、デビューを飾ったチームでF1から引退する。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / キミ・ライコネン / アルファロメオ・レーシング