キミ・ライコネン
キミ・ライコネンは、参加したスノーモービル・レースで転倒し、手首に軽傷を負った。

キミ・ライコネンは、オーストリアのザールバッハ・ヒンターグレムで5日間にわたって開催されている「Swatch Snow Mobile Race」の初日に参加。

75馬力のスノーモービルであまりに速いスピードでコーナーにアプローチしてしまい、コントロールを失って転倒。左手首を負傷し、2人の救護隊員に手当てを受けた。

幸いにも怪我は軽傷で済んだが、安全性を理由に残りのイベントには参加しないことになった。

ロータス・ルノーGPは、公式Twitterで「ちょうどキミと話をしたところです。心配することはありません。彼は手首を痛めただけです」とコメント。

「月曜日に再度チェックするかもしれませんが、その程度です」

イベントの主催者側も「我々の医師がキミの左手を検査しました。現在、彼は小さな絆創膏を貼っていますが、他の有名人と写真撮影にいます」と述べた。

キミ・ライコネンは、先月ロータス・ルノーGPと2年契約を結び2012年からF1に復帰することを発表。

チームは、2011年シーズン前にラリーで事故でロバート・クビサを欠いている。情報筋によると、チーム側は今後キミ・ライコネンがいかなる危険な活動にも参加させない予定だが、キミ・ライコネンとチームとの契約は2012年1月1日から有効となるという。


関連:キミ・ライコネン、ロータス・ルノーGPでF1復帰!

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: キミ・ライコネン | ルノー | ロータス