F1カタールGPの2021年11月のF1情報を一覧表示します。

ロス・ブラウン、2021年のF1タイトル争いの“盛衰”を称賛

2021年11月29日
ロス・ブラウン、2021年のF1タイトル争いの“盛衰”を称賛
F1のマネージングディレクターを務めるロス・ブラウンは、大詰めを迎えている2021年のF1タイトル争いの“盛衰”を称賛している。

マックス・フェルスタッペンはルイス・ハミルトンに対して8ポイントのアドバンテージを持っている。二人は今年の20戦のうち16戦で優勝している。

メルセデスF1 「カタールではフェルスタッペンの戦略をコピーした」

2021年11月26日
メルセデスF1 「カタールではフェルスタッペンの戦略をコピーした」
メルセデスF1のトラックサイドエンジニアリングディレクターを務めるアンドリュー・ショヴリンは、F1カタールGPのルイス・ハミルトンのピット戦略はマックス・フェルスタッペンの“コピー”だったと認める。

ルイス・ハミルトンがスタートからレースをリードし、マックス・フェルスタッペンが2番手まで追い上げてきたレースで、メルセデスがフェルスタペッペンが前に出るためのチャンスはピットストップでアンダーカットを仕掛けることであることを分かっていた。

フェルナンド・アロンソ 「F1タイトル候補との表彰台は奇妙だった」

2021年11月24日
フェルナンド・アロンソ 「F1タイトル候補との表彰台は奇妙だった」
フェルナンド・アロンソは、7年ぶりの表彰台をF1タイトルを争うマックス・フェルスタッペンとルイス・ハミルトンと共有したのは“奇妙”な経験だったと語る。

フェルナンド・アロンソは、先週末のF1カタールGPで3位表彰台を獲得。フェラーリ時代の2014年のF1ハンガリーGP以来7年ぶりの表彰台であり、素直に喜びを爆発させた2回のF1ワールドチャンピオンの姿は意外でもあった。

レッドブルF1首脳、メルセデスF1との大きなパフォーマンス差を否定

2021年11月24日
レッドブルF1首脳、メルセデスF1との大きなパフォーマンス差を否定 「我々はカタールでミスを犯した」
レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、メルセデスF1とのパフォーマンス差を否定。F1カタールGPでチームはセットアップで道に迷ってミスを犯したと主張する。

2021年のF1世界選手権は、センセーショナルで緊密で、かつてないほどの緊張感をもって、中東での最後の2ラウンドを迎える。マックス・フェルスタッペンは8ポイントのアドバンテージは、事実上ないに等しい。

ピエール・ガスリー、不満爆発 「レースペースの遅さは衝撃的だった」

2021年11月24日
ピエール・ガスリー、不満爆発 「レースペースの遅さは衝撃的だった」 アルファタウリ・ホンダ F1カタールGP 決勝
ピエール・ガスリーは、F1カタールGPでフロントローからポイント圏外に落ちることになったアルファタウリ・ホンダF1の“衝撃的”なペース不足にフラストレーションを露わにしている。

予選を4番手で終えていたピエール・ガスリーは、マックス・フェルスタッペンとバルテリ・ボッタスのペナルティにより、ルイス・ハミルトンの隣のフロントー2番グリッドに昇格した。

アルファタウリ・ホンダF1 「角田裕毅は捨てバイザーが引っかかる不運」

2021年11月22日
アルファタウリ・ホンダF1 「角田裕毅は捨てバイザーが引っかかる不運」 F1カタールGP 決勝
アルファタウリ・ホンダF1のテクニカルディレクターを務めるジョディ・エギントンが、2021年F1カタールGPの決勝を振り返った。

アルファタウリ・ホンダF1は、ピエール・ガスリーが2番グリッド、角田裕毅が8番グリッドからスタート。しかし、ソフトタイヤスタートの2ストップ戦略は機能せず、ガスリーは11位、角田は13位とトップ10内からのスタートを生かせずノーポイントに終わった。

2021年 F1カタールGP 決勝:トップ10ドライバーコメント

2021年11月22日
2021年 F1カタールGP 決勝:トップ10ドライバーコメント
2021年 F1世界選手権 第20戦 F1カタールGPの決勝でトップ10入りしたドライバーのコメント。

1位:ルイス・ハミルトン(メルセデス)
「大変な一年だし、シーズンのこの時点で2連勝を収めるのは素晴らしい気分だ。僕にとってはかなり単純なレースだった。ちょっと孤独なレースだったけど、僕たちはこのポイントを必要としてたので、チームは本当に堅実な仕事をした。トラックサイドとファクトリーのみんなのハードワークに心から感謝したい」

2021年 F1カタールGP 決勝:ドライバーコメント(11位~DNF)

2021年11月22日
2021年 F1カタールGP 決勝:ドライバーコメント(11位~DNF)
2021年 F1世界選手権 第20戦 F1カタールGPの決勝で11位~DNFだったドライバーのコメント。

11位:ピエール・ガスリー(アルファタウリ・ホンダ)
「とてもフラストレーションの溜まる一日だ。裕毅も僕もトップ10以内からスタートしたけど、レースを後方で終える形になった。マシンの中では全力を尽くしていたけど、今日の僕たちには速さがなかった」

ランド・ノリス 「パンクの原因は明らか。タイヤをもっと良くするべき」

2021年11月22日
ランド・ノリス 「パンクの原因は明らか。タイヤをもっと良くするべき」 F1カタールGP 決勝
マクラーレンF1のランド・ノリスは、F1カタールGPでパンクを経験した4人のドライバーの1人であり、F1タイヤサプライヤーに「タイヤをもっと良くする」よう促した。

F1初開催となったロサイル・インターナショナル・サーキットで、ランド・ノリス、バルテリ・ボッタス、ジョージ・ラッセル、ニコラス・ラティフィの4人はレース中に左フロントタイヤのパンクに見舞われた。
«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 9 | 10 | 11 || Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム