ランド・ノリス 「パンクの原因は明らか。タイヤをもっと良くするべき」 F1カタールGP 決勝
マクラーレンF1のランド・ノリスは、F1カタールGPでパンクを経験した4人のドライバーの1人であり、F1タイヤサプライヤーに「タイヤをもっと良くする」よう促した。

F1初開催となったロサイル・インターナショナル・サーキットで、ランド・ノリス、バルテリ・ボッタス、ジョージ・ラッセル、ニコラス・ラティフィの4人はレース中に左フロントタイヤのパンクに見舞われた。

ランド・ノリスは、49周目にパンクするまで4位を走行していた。ノリスのハードタイヤは、パンクしたときにたった24周しか走行していなかった。

彼の予期せぬパンクの原因について質問されたランド・ノリスは「何が原因かは明らかだけど、それを言うことはできません」と答えた。

ランド・ノリスは、パンクに見舞われた4人のドライバー全員がウオールへのクラッシュを回避できたのは幸運だったと述べた。

「起こるべきではあなかった。そこに壁があったら、もっと危険だったかもしれない」とランド・ノリスは語った。

「彼らはタイヤをもっと良くするべきだ。僕たちドライバーにとって危険だ。僕たちは毎回多くのリスクを冒している。サーキットでF1カーを運転できない場合は、どうすればいいのか。20周くらいだったし、それほど長いスティントではなかった。20~25周くらいならサーキットをドライブできるはずだ」

バルテリ・ボッタスと同じように、ランド・ノリスはパンクが何の警告もなしに突然起こったことを明らかにした。

「ノー。たぶんターン14かターン13で突然起こったと思うけど、何もありません」とランド・ノリスは付け加えた。

「タイヤは摩耗していたけど、タイヤがバーストするとは思っていなかった。特にハードタイヤではね。僕たちはそこまで長いスティントではなかった。20周かそこらだし、ハードタイヤは20周以上走れるできるはずだ」

「タイヤは少し摩耗するので、どのトラックでもタイヤを労わっているけど、突然、完全に逝くなんて予想できない。今日の多くの人々にとって非常に危険であり、起こるべきではない」

ピレリは、パンクの原因を調査することを確認している。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ランド・ノリス / マクラーレン / F1カタールGP