フェルナンド・アロンソ 「F1タイトル候補との表彰台は奇妙だった」
フェルナンド・アロンソは、7年ぶりの表彰台をF1タイトルを争うマックス・フェルスタッペンとルイス・ハミルトンと共有したのは“奇妙”な経験だったと語る。

フェルナンド・アロンソは、先週末のF1カタールGPで3位表彰台を獲得。フェラーリ時代の2014年のF1ハンガリーGP以来7年ぶりの表彰台であり、素直に喜びを爆発させた2回のF1ワールドチャンピオンの姿は意外でもあった。

しかし、フェルナンド・アロンソは「僕にとって奇妙な表彰台だった。どうしたらいいのか分からなかった」と語る。

「2人のドライバーはこの戦争に参加しているし、あまり目立たせたくない僕がいました」とアロンソは微笑んだ。

また、フェルナンド・アロンソはキャリア通算98回目の表彰台に満足しているものの、以前の表彰台とは比較にならないことを明らかにした。

「重要性の点では、以前のいくつかの表彰台に匹敵するものだったと言うつもりはない」とフェルナンド・アロンソはMarcaに語った。

「とても幸せだけど、他のもの、特に勝利と比較することはできない。重要だけど、実際には少し奇妙に感じた」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / フェルナンド・アロンソ / アルピーヌ / F1カタールGP