メルセデスF1 「カタールではフェルスタッペンの戦略をコピーした」
メルセデスF1のトラックサイドエンジニアリングディレクターを務めるアンドリュー・ショヴリンは、F1カタールGPのルイス・ハミルトンのピット戦略はマックス・フェルスタッペンの“コピー”だったと認める。

ルイス・ハミルトンがスタートからレースをリードし、マックス・フェルスタッペンが2番手まで追い上げてきたレースで、メルセデスがフェルスタペッペンが前に出るためのチャンスはピットストップでアンダーカットを仕掛けることであることを分かっていた。

メルセデスF1は、ルイス・ハミルトンをすぐにピットに入れてカバーすることでマックス・フェルスタッペンのアンダーカットを回避した。アンドリュー・ショブリンは、現在のチャンピンシップの状況ではそれを完全にノーマルなことだと語る。

それが唯一の答えだったかと質問されたアンドリュー・ショブリンは「そのとおりだ」とメルセデスF1のデブリーフ動画で語った。

「チャンピオンシップバトルを展開しているときはかなりノーマルなことだ。レースをコントロールしているなら、前を走り、ギャップを築いたルイスは、アンダーカットのリスクを非常にはっきりと認識していた」

「マックスより先にフィニッシュしたい場合にできる最善策は、1~2周後に彼が行ったことをコピーすることだ」

「トラックの完全に異なるパートにいること、または完全に異なる戦略にいることは望ましくない。なぜなら、不運なセーフティカーが入った場合、またはタイヤデグラーデーションが期待どおりに展開しない場合、そのアドバンテージを失う可能性があるからだ」

「マックスがリードしていた他のレースを見れば、彼らは非常に似たようなことをしていたと思う」

マックス・フェルスタッペンは、ルイス・ハミルトンを捕えることができなかったかもしれないが、終了間際にピットストップを行ってファステストラップを記録して追加の1ポイントを獲得した。

アンドリュー・ショブリンは、メルセデスF1がルイス・ハミルトンでファステストラップを試みなかった理由を説明した。

「レッドブルは、アウトラップとフライングラップだけができるように意図的にストップのタイミングを合わせたので、いずれにしろ、以前のスティントで保持していたファステストラップを獲得することができた」とアンドリュー・ショブリンは語った。

「ルイスの場合、マックスがピットインした後にピットインしていてら、アウトラップしかできなかただろう。当然、それはファステストラップにはカウントされない」

「しあがって、最後から2番目のラップにそれを残しておくのはごく普通のことだ。なぜなら、ストップすれば、レースリーダーのためのィンドウが開くからだ。最後から2番目のラップにそれを行えば、実際にラップタイムを設定をする機会がないということになる」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / メルセデス / F1カタールGP