FIA 「ポルシェはまだF1参入にむけてF1チームと話し合っている」
FIA(国際自動車連盟)によると、ポルシェは先月レッドブルとの将来のパートナーシップが破棄された後もF1参入に向けた努力を続けており、、F1チームと話し合っていると述べた。

水曜日に、FIAは、ロンドンでの会議の後、世界モータースポーツ評議会によって承認された最新の決定を詳述した報告書を発表。この報告書には、FIA会長のモハメド・ビン・スライエムの開会の辞が含まれており、この夏にF1が享受したポジティブな発展について述べた。

「8月のスパ・フランコルシャンで、アウディは2026年からFIA F1世界選手権にパワーユニットメーカーとして参加することを発表した」とモハメド・ビン・スライエムは語った。

「この発表は、これらのレギュレーションを開発するためのすべての利害関係者による懸命な努力を支持するものだった」

「また、ポルシェはまだフォーミュラ1チームと話し合っていることにも言及したい」

レッドブルとの契約は決裂したが、当時、ポルシェは同社にとってF1は依然として「魅力的な見通し」であると語った。

ポルシェがどのチームと話をしている可能性があるのか、シュトゥットガルトの会社がスポーツの10チームの1つに投資する予定があるのか、それとも単なるエンジンサプライヤーとしてF1に参入するのかは不明だ。

ポルシェの最高財務責任者であるルッツ・メシュケは「F1は我々にとって興味深いレーシングシリーズであり続けている」とSPORT1に語った。

「そのため、他に実行可能な道があるかどうかを検討している。納得のいかない決定を押し付けられることはない」

先月、ポルシェは IPO を成功裏に完了した。同社は現在、フォルクスワーゲンとは別にフランクフルト証券取引所で取引されている。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ポルシェ / FIA