「ポルシェはレッドブルF1と何かをすると聞いている」とザク・ブラウン
ポルシェは、F1でレッドブル・レーシングとチームを組む予定だと語るザク・ブラウンは、マクラーレンも別のフォルクスワーゲンの自動車メーカーであるアウディと話し合ったことを認める。

マクラーレンF1は、昨年末にアウディによる買収の噂を公式に否定したが、マクラーレンのCEOを務めるザク・ブラウンは、まだアウディとのコラボレーションの可能性を排除していない。

「彼らはグリッド上の少数の人々と話をした。そして、我々は会話をした」とザク・ブラウンは語った。

「しかし、短期的および中期的には、我々は今いる場所に非常に満足している」

ただし、マクラーレンのメルセデスとのカスタマー契約は、2025年末の現在のF1エンジンレギュレーションのサイクルの終わりまでしか締結されていないん。2つのフォルクスワーゲンのブランドは、2026年の新しいレギュレーションでのF1参戦を検討していることが知られている。

「彼ら(フォルクスワーゲン)がポルシェでレッドブルと何かをするつもりだと聞いている」とザク・ブラウンは明かした。

「そして、彼らがF1に参戦する場合、我々には今期を通しての契約がある。当然のことながら、我々は自分たちがどこにいて、誰がスポーツに参加しているかを評価し、時期が来たら2026年に関する決定を下すつもりだ」

メルセデスF1のチーム代表を務めるあるトトヴォルフは、2026年にポルシェとアウディの両方がF1に参戦した場合、F1にとって「センセーショナル」になるだろうとAuto Motor und Sport に語った。

「我々はそれを支持しているが、そのためのルールブックを作成されるときには、現在の3つのメーカーが尊重されるようにしたかった」とトト・ヴォルフは語った。

現在ウィリアムズF1チームを運営している元フォルクスワーゲンのモータースポーツ責任者であるヨースト・カピトは、ドイツの巨人がF1に参戦する可能性があることを認めている」

「関心はそこにある。そうでなければ、彼らは多くの会議でテーブルにいなかっただろう」とヨースト・カピトはSpeed Weekに語った。

Frankfurter Allgemeine Zeitungは、フォルクスワーゲン・グループが2月末までに決定を下すと報じている。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ポルシェ / レッドブル