ポルシェ ポルシェ・919 HYBRID ニュルブクリンク
ポルシェのワークスドライバー、ティモ・ベルンハルトは6月29日(金)、ル・マン ウィナーマシン、919ハイブリッド Evoを駆りニュルブルクリンク 北コースで5分19秒55のラップタイム新記録を樹立した。

これまでル・マン24時間で2度の総合優勝を果たし、昨年のFIA世界耐久選手権(WEC)ドライバータイトルを獲得したティモ・ベルンハルトは、1983年5月28日にシュテファン・ベロフが956Cで樹立した伝説的な6分11秒13のラップタイムを35年間振りに更新した。

919ハイブリッド Evoは、ル・マン プロトタイプレーシングカーとしてポルシェが開発し、2015年から3年連続でル・マン24時間レースの総合優勝とWECのマニュファクチュアラーズタイトルおよびドライバーズタイトルを獲得した919ハイブリッドをベースとしている。



このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ポルシェ