ピレリの2019年10月のF1情報を一覧表示します。

2019年 F1アメリカGP | 各ドライバーのタイヤ選択

2019年10月30日
2019年 F1アメリカGP
2019年のF1世界選手権 第19戦 アメリカGPの各ドライバーのタイヤ選択をF1公式タイヤサプライヤーのピレリが発表した。

ピレリは、2019年のF1世界選手権から新しいタイヤ命名システムを導入。ドライコンパウンドは7種類から5種類への削減され、最も硬いものをC1(コンパウンド1)、最も柔らかいものをC5(コンパウンド5)と名付け、各レースでハード(ホワイト)、ミディアム(イエロー)、ソフト(レッド)として配分する。

2019年 F1 メキシコGP 決勝 | ピレリ タイヤ戦略解説

2019年10月28日
2019年 F1 メキシコGP 決勝
ピレリが、2019年のF1世界選手権 第18戦 メキシコGP 決勝でのタイヤ戦略を振り返った。

メルセデスのルイス・ハミルトンがメキシコグランプリを制しました。3番グリッドからスタートしたハミルトンは、ミディアムからハードへ交換する1ストップ戦略を採った。トップ3が採用したこの戦略は、エルマノス・ロドリゲス・サーキットの厳しいコンディションにおいて、可能ではあるものの難しいと予測されていた。昨日までよりも高くなった気温がグレイニングの抑制につながり、この1ストップ戦略実行に寄与した。

F1メキシコGP 決勝 | 各ドライバーの持ちタイヤ数&タイヤ戦略予想

2019年10月27日
F1メキシコGP 決勝
ピレリは、2019年 F1メキシコGPの決勝で各ドライバーが使用可能な持ちタイヤ数を発表した。

ピレリは、エルマノス・ロドリゲス・サーキットでのレースのコンパンドとしてC2(ハード/ホワイト)、C3(ミディアム/イエロー)、C4(ソフト/レッド)というコンパンドを選択している。

ピレリ、F1テレビ放送のタイヤ摩耗を示すグラフィックに苦言

2019年10月27日
ピレリ、F1テレビ放送のタイヤ摩耗を示すグラフィックに苦言
ピレリのF1責任者を務めるマリオ・イゾラは、最近のF1放送でデビューした新しいグラフィックに苦言を呈した。

新しいグラフィックは、レースゲームのようにドライバーの4つのタイヤの摩耗具合をグリーンから赤でリアルタイムに表示することを目的としている。しかし、マリオ・イゾラはそれは信頼できないものだと語る。

ピレリF1責任者、シャルル・ルクレールのパフォーマンスに感銘

2019年10月23日
ピレリF1責任者、シャルル・ルクレールのパフォーマンスに感銘
ピレリのF1責任者を務めるマリオ・イゾラは、2019年のシャルル・ルクレールのパフォーマンスに驚いていると語る。

昨年、ザウバー(現アルファロメオ)で印象的なデビューシーズンを送ったシャルル・ルクレール(21歳)は、キミ・ライコネンに代わって今年から史上2番目の若さで跳ね馬のドライバーを務めることになった。

2019年 F1メキシコGP | 各ドライバーのタイヤ選択

2019年10月16日
2019年 F1メキシコGP
2019年のF1世界選手権 第18戦 メキシコGPの各ドライバーのタイヤ選択をF1公式タイヤサプライヤーのピレリが発表した。

ピレリは、2019年のF1世界選手権から新しいタイヤ命名システムを導入。ドライコンパウンドは7種類から5種類への削減され、最も硬いものをC1(コンパウンド1)、最も柔らかいものをC5(コンパウンド5)と名付け、各レースでハード(ホワイト)、ミディアム(イエロー)、ソフト(レッド)として配分する。

2019年 F1 日本GP 決勝 | ピレリ タイヤ戦略解説

2019年10月14日
2019年 F1 日本GP 決勝
ピレリが、2019年のF1世界選手権 第17戦 日本GP 決勝でのタイヤ戦略を振り返った。

メルセデスのバルテリ・ボッタスが、ソフト – ミディアム – ソフトと繋ぐ2ストップ戦略で日本グランプリを制した。台風19号の接近を受けて、土曜日のセッションが中止となったことから、サーキットは極めて予測が難しい路面状態となっていた。

F1:2021年のタイヤウォーマーの廃止を見送り

2019年10月12日
F1:2021年のタイヤウォーマーの廃止を見送り
ピレリは、2021年にタイヤウォーマーの使用を禁止にするという決定が覆されたことを明らかにした。

FIA(国際自動車連盟)は、2021年の新レギュレーションでタイヤサイズを18インチに変更するとともに、タイヤウォーマーを違法化することに熱心だった。しかし、F1公式タイヤサプライヤーのピレリは、タイヤウォーマーを保持することでインチアップへの移行が容易になると主張し、反対していた。

F1日本GPのタイヤ選択が明らかに。メルセデスが保守的なチョイス

2019年10月2日
F1日本GPのタイヤ選択が明らかに。メルセデスが保守的なチョイス
2019年のF1世界選手権 第17戦 日本GPの各ドライバーのタイヤ選択をF1公式タイヤサプライヤーのピレリが発表した。

ピレリは、2019年のF1世界選手権から新しいタイヤ命名システムを導入。ドライコンパウンドは7種類から5種類への削減され、最も硬いものをC1(コンパウンド1)、最も柔らかいものをC5(コンパウンド5)と名付け、各レースでハード(ホワイト)、ミディアム(イエロー)、ソフト(レッド)として配分する。
«Prev || 1 || Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム