F1 ピエール・ガスリー エステバン・オコン フランスGP
F1フランスGPのスチュワードは、オープニングラップでクラッシュしたトロロッソ・ホンダのピエール・ガスリーとフォース・インディアのエステバン・オコンに戒告処分を科した。

F1フランスGPの決勝では、まずスタート直後のターン1でエステバン・オコンとロマン・グロージャン(ハース)が接触。その後、マシンにダメージを負ったオコンにピエール・ガスリーがターン3で接触してスピン。ガスリーとオコンはその場でリタイアとなった。

ターン1でエステバン・オコンに接触したロマン・グロージャンには5秒のタイムペナルティと2点のペナルティポイントが科せられたが、ピエール・ガスリーとオコンのインシデントについてはレース後の審議となっていた。

F1フランスGPのスチュワードは、両ドライバーとチーム代表に聴取し、インシデントを検証した結果、両ドライバーともに楽観的すぎたとして、戒告処分を科した。

スチュワードは声明のなかで「カーナンバー31のドライバー(オコン)がトラック左側からコーナーのエイペックスへ動いたのは楽観的だった。カーナンバー10のドライバー(ガスリー)もコーナー進入へのレイトブレーキングにおいて過度に楽観的であった」とコメント。

「両ドライバーともにミスを犯し、それが接触の原因だったというのが、スチュワードの見解である」

フランス出身のピエール・ガスリーとエステバン・オコンは家族ぐるみの付き合いがあり、ガスリーはレーサーを目指すきっかけを作ったのはオコンというくらいの間柄。二人の初の母国グランプリは残念な結果となった。

ピエール・ガスリーは「たったの3コーナーでレースを終えてしまい、とても悔しいレースになった」とコメント。

「インからオコンをオーバーテイクしようとしたとき、彼から見えていたと思っていたけど、インを閉めてきた彼との接触を避けることができなかった」

「フランスGPで僕たちフランス人同士が接触を起こしてしまい、とても残念な一戦になってしまった。せっかく母国で開催されるレースだったのでいい一戦にしたかったけど、このような結果となってしまいまだ自分の中でうまく気持ちを整理できていません」

エステバン・オコンは、ロマン・グロージャンにヒットされた時点で自分のレースはほぼ終わっていたと語った。

「とても残念な一日だ。良いスタートを切って、ピットストレートの先でロマンに並んだけど、そこで彼に接触されたんだ。僕はコース端ギリギリのところにいたのに、彼が寄せてきてぶつかった。おかげで僕のクルマはサイドとフロアに大きなダメージを負ってしまった」とコメント。

「その後、ターン3でピエールがコントロールを失い、僕に後ろから当たってきた。そこで完全に僕のレースは終わった。今は本当に悲しい。母国の観衆の前でレースをするのをずっと楽しみにしていたのに、たった3コーナーで終わってしまったんだからね。ファンの人たちは週末ずっと素晴らしかったし、彼らが与えてくれたポジティブなエネルギーの全てに大きな“ありがとう”を言わなければならない」

関連:【動画】 ピエール・ガスリー、接触により0周リタイア / F1フランスGP

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ピエール・ガスリー | F1フランスGP | エステバン・オコン