F1 ピエール・ガスリー トロロッソ・ホンダ フランスグランプリ
トロロッソ・ホンダのピエール・ガスリーは、F1フランスGPの決勝レースを接触により0周リタイアで終えた。

14番グリッドからスタートしたピエール・ガスリーは、3コーナーで前を走るエステバン・オコン(フォース・インディア)に接触。両者はマシンにダメージを負ってその場でリタイアすることとなった。

ピエール・ガスリーもエステバン・オコンもフランス出身。母国グランプリの二人が接触してリタイアという残念な結果となった。

オープニングラップでは2番グリッドのセバスチャン・ベッテルと3番グリッドのバルテリ・ボッタスが接触。ベッテルはノーズ、ボッタスは左リアタイヤをパンクさせてピットイン。それぞれ最後尾から追い上げることになった。


オープニグラップ終了時の順位オープニグラップ終了時の順位

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ピエール・ガスリー | トロロッソ | ホンダF1 | F1フランスGP