シャルル・ピック
シャルル・ピックは、2014年のロータスのサードドライバーに就任したことが発表された。

マルシャとケータハムでF1を2シーズン戦ったシャルル・ピックだが、2014年はレースシートを失っていた。

今年、シャルル・ピックは、ロマン・グロージャンとパストール・マルドナドのリザーブドライバーの役割を担う。

「トップチームに加われることにとても興奮しているし、ロータスはこのスポーツでトップチームであることを確実に示してきた」とシャルル・ピックはコメント。

「僕にとって素晴らしい名誉だし、2014年を通してチームのために全力を尽くし、頑張っていきたい」

「もちろん、大きな変化は自分がF1でレースをしないことだ。でも、レースの場にいて、ミーティングで作業していくし、それはドライバーとって発展し、進歩していくことに役立つだろう」

「リソース面でもロータスはエンストンに素晴らしい設備を備えているし、チャンピオンシップに勝った経験のある人々もいる。チームと多くの時間を過ごし、彼らから多くのことを学びたい」

シャルル・ピックは、グリッドに並べないことにフラストレーションを感じるだろうと認める。

「もちろん、フラストレーションを感じるときもあるだろう。今年の僕の役割は新しいものだし、レースドライバーだった過去2シーズンとは異なる。やらなければならいことは明らかだったし、自分自身のパフォーマンスを最適化することだった。今年のサードドライバーとしての役割は、ロマンとパストールがチームの目標を達成し、トラック上で最高のパフォーマンスを発揮する手助けをすることだ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: シャルル・ピック | ロータス