ヴィタリー・ペトロフ
ヴィタリー・ペトロフのマネージャーを務めるオクサナ・コサチャンコは、マルシャとは交渉していないと述べた。

マルシャは、財政状況を理由にティモ・グロックとの契約を解消。後任にはペイドライバーが座ると考えられている。

後任候補には、ヴィタリー・ペトロフ、ブルーノ・セナ、ルイス・ラジアといったドライバーの名前が挙がっている。

しかし、マルシャはロシアのチームであり、ロシア人ドライバーのヴィタリー・ペトロフが最有力候補との推測がなされている

だが、オクサナ・コサチャンコはマルシャとの交渉を否定。あくまで交渉相手はケータハムであり、ティモ・グロックの離脱がヴィタリー・ペトロフの将来に影響することはないと主張した。

「ペトロフの将来はケータハム上層部の決断にかかっています」とオクサナ・コサチェンコは f1news.ru にコメント。

「私たちはマルシャとは交渉していません」

関連:
マルシャ、ティモ・グロック離脱に“商業的”な要因を示唆
マルシャ、ティモ・グロックの離脱を正式発表

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ヴィタリー・ペトロフ | マルシャ