ヴィタリー・ペトロフの2011年11月のF1情報を一覧表示します。

ヴィタリー・ペトロフ、12月10日までに残留か離脱かの判断を迫られる

2011年11月30日
ヴィタリー・ペトロフ
ヴィタリー・ペトロフのマネージャーを務めるオクサナ・コサチャンコは、2012年のペトロフのロータス・ルノーGPのシートは確定していないかもしれないとの報道を認めた。

ヴィタリー・ペトロフは、2012年までロータス・ルノーGPとの契約を有しているが、オクサナ・コサチャンコは、キミ・ライコネンの加入が発表された直後、緊急会談のためにチームの本部があるエンストンに飛んだ。

ヴィタリー・ペトロフ:F1ブラジルGPプレビュー

2011年11月20日
ヴィタリー・ペトロフ
ヴィタリー・ペトロフが、2011年最終戦F1ブラジルGPへの意気込みを語った。

アブダビからはどのような結論が導けますか?
好きなトラックだけど、遅めのトラックはR31にうまくハマらないという傾向が繰り返されてしまった。予選12番手は僕たちにできる最大限だったし、その結果には満足していた。それに来年にむけての準備で多くのことを試していたいので、それも考慮に入れなければならなかった。

エリック・ブーリエ 「ヴィタリー・ペトロフの件は解決済み」

2011年11月19日
ヴィタリー・ペトロフ
ロータス・ルノーGPのチーム代表エリック・ブーリエは、ヴィタリー・ペトロフがF1アブダビGP後にチーム批判をしたことについて謝罪したことを明らかにし、この件はすでに解決していると述べた。

ヴィタリー・ペトロフは、ロシアのテレビ局の取材に対してチームのマシン開発やピット戦略、首脳陣の態度などを批判したが、その後ルノーのスタッフに向けて手紙を書き、自分の言動が「不適切」で「不必要」なものであったと謝罪した。

ヴィタリー・ペトロフ、シート喪失覚悟でチームを批判

2011年11月18日
ヴィタリー・ペトロフ
ヴィタリー・ペトロフが、契約に違反している可能性を承知した上でロータス・ルノーGPを批判した。

ヴィタリー・ペトロフは、母国のテレビ局 Rossiya 2 にロータス・ルノーGPの2011年マシンの開発は、独特な前方エキゾーストの初期の問題によって十分に進まなかったと話を切り出した。

「ほぼ10レースで僕たちは(新しいものを)何も持ち込んでいない。実施、僕たちはシーズン開幕と基本的に同じマシンで走っている」とヴィタリー・ペトロフは述べた。

ヴィタリー・ペトロフ 「僕には来年の契約がある」

2011年11月11日
ヴィタリー・ペトロフ
ヴィタリー・ペトロフは、F1アブダビGPの公式記者会見に出席。2012年のシートは安泰だと主張した。

ロータス・ルノーGPはまだ2012年のドライバーラインナップを決定していない。候補としては、ラリー事故からの復活を目指しているロバート・クビサ、現在のドライバーであるブルーノ・セナ、今季GP2チャンピオンを獲得したロマン・グロージャンを筆頭に、フォース・インディア放出の可能性があるエイドリアン・スーティル、ウィリアムズ放出の可能性があるルーベンス・バリチェロなどが名を連ねている。

ヴィタリー・ペトロフ:F1アブダビGPプレビュー

2011年11月8日
ヴィタリー・ペトロフ
ヴィタリー・ペトロフが、F1アブダビGPへの意気込みを語った。

初のインドGPはいかがでしたか?
全員にとって楽な週末ではなかったのは確かだ。新しいサーキットだったし、新しい舗装とコーナーによって簡単ではなかった。正しいセットアップを見つけるのが難しかったけど、僕たちには力強いマシンがあった。正しいバランスを見つけるのに時間がかかったけど、新しいトラックに挑むことが簡単ではないのはわかっている。
«Prev || 1 || Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム