ヴィタリー・ペトロフ
ヴィタリー・ペトロフは、F1アブダビGPの公式記者会見に出席。2012年のシートは安泰だと主張した。

ロータス・ルノーGPはまだ2012年のドライバーラインナップを決定していない。候補としては、ラリー事故からの復活を目指しているロバート・クビサ、現在のドライバーであるブルーノ・セナ、今季GP2チャンピオンを獲得したロマン・グロージャンを筆頭に、フォース・インディア放出の可能性があるエイドリアン・スーティル、ウィリアムズ放出の可能性があるルーベンス・バリチェロなどが名を連ねている。

ヴィタリー・ペトロフに関してもシートは安泰ではないとされているが、来年の状況について質問されたペトロフは「僕についてはすべてが明白だ」とコメント。

「僕には来年の契約があるし、心配する必要はない。自分の仕事をして、最後の2レースで来年のために多くの情報を集めるだけだ」

「僕とチームは来年のチームに完全に集中しているので、僕はかなりクリアだ」

今年、ロータス・ルノーGPはシーズン中にニック・ハイドフェルドからブルーノ・セナにドライバーを交代するなどいくつかの変化があったが、ヴィタリー・ペトロフ自身は「何も変わっていない」と述べた。

「チームにとしては良くなっていくと思う。フットボールのようなものだ。新しいコーチがチームに加入したとき、彼はまず第一にチームをみて、プレイヤーがどこでプレイしているかを見る。そのあと彼は適切な場所、彼らがプレイすべき場所に人々を配置する。チームはより競争力をつけているし、強くなっている。実際、それがチーム内でやろうとしていることだ。チーム代表は何名かを変更し、彼らの周りを動かし、そこから利益を得ようとしている」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ヴィタリー・ペトロフ / ルノー