ヴィタリー・ペトロフ
ヴィタリー・ペトロフが、契約に違反している可能性を承知した上でロータス・ルノーGPを批判した。

ヴィタリー・ペトロフは、母国のテレビ局 Rossiya 2 にロータス・ルノーGPの2011年マシンの開発は、独特な前方エキゾーストの初期の問題によって十分に進まなかったと話を切り出した。

「ほぼ10レースで僕たちは(新しいものを)何も持ち込んでいない。実施、僕たちはシーズン開幕と基本的に同じマシンで走っている」とヴィタリー・ペトロフは述べた。

「もちろん、(オーストラリアでの)初表彰台は僕、チーム全体、そしてファンのみんなを元気づけた。でも、そこから僕はすべてにただ腹を立てていたし、どうにかしようとしていた」

「残念ながら、チームについて悪く言うことはできない。それは僕の契約に記されている」

ヴィタリー・ペトロフは、チーム代表はしばしば非常に批判的であることに対して“残念ながら”という言葉を使ったのだという。

「僕のインタビューを読んでみてよ。こんなに負けてもチームを批判したりしていないでしょ。でも、ピットストップでどれだけ負けただろう? 作戦でどれだけ負けただろう?」

「少なくとも10レース以上は失っていると言える。残念ながら、インタビューでは、また下手なピットストップなどで負けたとは言えなかった」

「今もそういうことは言えないんだけど、もう黙ってはいられない。すべてを胸の内に秘めておくなんて無理だよ」

ヴィタリー・ペトロフが沈黙を破ったのは、2012年からロータスに名称を変更するロータス・ルノーGPが、すでにヴィタリー・ペトロフと来季の契約を締結しているにも関わらず、2012年のドライバーラインナップを完全に再考しているかもしれない。

「それがF1だし、そういうビジネスだ」とヴィタリー・ペトロフは認めた。

「彼らは徐々により多くのものを得ようとしているところだ。価格、スポンサー、それにドライバーについてもね」

「ウィリアムズのドライバーの列を見てみてよ。2つ目のシートを狙っているドライバーは20人以上いると思う。僕がその中にいないことを神に感謝しているよ」

「僕に関しては、かなり明白だと思う。僕には契約がある。でも、以前にも言ったけど、ワールドチャンピオンのキミ・ライコネンさえ、(フェラーリから)かなりの金額でF1を去ることを求められた」

「どんなことだって起こりえる世界だし、彼らが誰かを排除したい場合、逆らうのは難しい」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ヴィタリー・ペトロフ / ルノー