ヴィタリー・ペトロフ
ヴィタリー・ペトロフのマネージャーを務めるオクサナ・コサチャンコは、2012年のペトロフのロータス・ルノーGPのシートは確定していないかもしれないとの報道を認めた。

ヴィタリー・ペトロフは、2012年までロータス・ルノーGPとの契約を有しているが、オクサナ・コサチャンコは、キミ・ライコネンの加入が発表された直後、緊急会談のためにチームの本部があるエンストンに飛んだ。

「今日の決定が発表された後、私には非常に短い時間しかありません。文字通り10日しかありません」とオクサナ・コサチャンコはモスクワの Ria Novosti に語った。

「12月10日までにヴィタリーが残留するか離脱するかを決定しなければなりません」

残留が決まった場合、ヴィタリー・ペトロフは2007年のF1ワールドチャンピオンであるキミ・ライコネンから学ぶことができるかと質問されたオクサナ・コサチャンコは次のように述べた。

「率直に聞いてください。ヴィタリーがチームに残れるのかを聞きたいんですよね」

「マネジメントはオーナーと合意に至ったのかどうか?と言った方がいいでしょうか。我々がそうすれば、ヴィタリーはそうなる(来年も残留)でしょう」

一方、キミ・ライコネンとの契約、ヴィタリー・ペトロフの不確実性、そして2012年からチームがロータスになることで、現在のチーム代表エリック・ブーリエがチームを追われるとの憶測を生んでいる。

関連:キミ・ライコネン、ロータス・ルノーGPでF1復帰!

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ヴィタリー・ペトロフ / ルノー / ロータス