ヴィタリー・ペトロフ
ロータス・ルノーGPのチーム代表エリック・ブーリエは、ヴィタリー・ペトロフがF1アブダビGP後にチーム批判をしたことについて謝罪したことを明らかにし、この件はすでに解決していると述べた。

ヴィタリー・ペトロフは、ロシアのテレビ局の取材に対してチームのマシン開発やピット戦略、首脳陣の態度などを批判したが、その後ルノーのスタッフに向けて手紙を書き、自分の言動が「不適切」で「不必要」なものであったと謝罪した。

エリック・ブーリエは、ヴィタリー・ペトロフの突然の現不動は彼も人間であることを示しているとし、すでにこの件は解決していると述べた。

「インタビューは、ヴィタリーが先週の日曜日にマシンを降りた数分後に行われた」とエリック・ブーリエはコメント。

「タフなレースだったし、彼はポイントを獲得できず動揺していた。彼は疲れ切っていた。ドライバーはロボットではなく、人間だ。全てのドライバーと同じようにヴィタリーも競争者だ。彼はアブダビで表彰台を獲得し、レースに勝ていないことについて不満を言ったんだ」

「我々は今回の件を事故として捉えている。事故だ。ヴィタリーはチームに謝罪し、エンストンのスタッフ全員にメールを送った。この件に関しては解決している」

ヴィタリー・ペトロフのマネージャーを務めるオクサナ・コサチャンコも、この件についてペトロフを注意し、自らエリク・ブーリエと面会したことを明らかにした。

「インタビューで少々感情的になってしまったようです」とオクサナ・コサチェンコは Reuters にコメント。

「例外的なことですし、チームには彼から謝罪しました。二度とこのようなことは起きません」

「非常に申し訳なく思っており、マネジメントとしてヴィタリーにはよく言い聞かせました」

関連:ヴィタリー・ペトロフ、シート喪失覚悟でチームを批判

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ルノー / ヴィタリー・ペトロフ