セルジオ・ペレス 「フェルスタッペンと良いチームワークができた」 / レッドブルF1 アブダビGP 予選
セルジオ・ペレス(レッドブル・レーシング)は、2022年F1アブダビGPの予選を2番手で終えた。

マックス・フェルスタッペンからトウを得てミドルセクターで全体ベストを記録したセルジオ・ペレスは、チャンピオンシップ2位争いのライバル、シャルル・ルクレール(フェラーリ)を0.04秒引き離すことに成功。シーズン5回目の最前列スタートを獲得した。

「ファクトリーとアブダビにいる全員にとって素晴らしい結果だ」とセルジオ・ペレスはコメント。

「明日は仕事を完遂して目標のリザルトを手にできる絶好の位置につけている。今日はマックスと良いチームワークができた。レースに向けて2台揃ってできるだけ上位に位置することが重要だった」

「Q1とQ2の僕は強力だったので、もっと上の順位を望んでいたけれど、Q3は特にファーストランが理想的ではなかった。わずかに遅れを取ってしまい、結果としてポールに届くラップにはならなかった」

「とても長いレースが待っているので、明日は仕事をやり遂げ、チームのために最高のリザルトを持ち帰る必要がある。スタートを上手く決めてシャルルを引き離すことが重要だ」

「レースペースが良好で、ハードにレースを戦えるという自信を持って明日に臨む。ブラジルに比べると、パフォーマンスにはかなり満足している。ドライバーズ選手権で2位を獲得できれば最高の1年になるだろうし、チームの歴史に刻まれるはずだ。ハードワークをして成功を収めたい」

セルジオ・ペレス レッドブル・レーシング F1 アブダビグランプリ

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / セルジオ・ペレス / レッドブル / F1アブダビGP