セルジオ・ペレス 「今日のフェルスタッペンは別次元に速かった」 / レッドブル・レーシング F1ベルギーGP 決勝
セルジオ・ペレス(レッドブル・レーシング)は、2022年F1ベルギーグランプリの決勝で2位表彰台を獲得した。

2番グリッドからスタートしたセルジオ・ペレスはスタートで失速。前に出られたアロンソとハミルトンが接触したことで順位を取り戻したが、そこでのタイムロスが響いた。だが、最終的に快適に2位でフィニッシュし、レッドブル・レーシングの1-2フィニッシュに貢献した。

「チームにとって素晴らしい週末になった。ハードワークを重ねてきたので、この結果にはとても満足している」とセルジオ・ペレスはコメント。

「今日のマックスは別次元で、非常に速かった。自分のレースペースを分析して、どこで彼に負けているのか理解したい。差があることは認識しているので、もっと強くなって戻ってきたい」

「スタートはかなり悪かったけれど、幸い取り返すことができた。クラッチをリリースした瞬間に大きくホイールスピンしてしまい、特にギアを2速に入れたときはまったくトラクションがかからず、大幅にポジションを落としてしまった。ファーストスティントが強力ではなかったことが決定的な差となり、僕のレースの大部分を決めてしまった」

「ザントフォールトとモンツァではもっと高いレベルへ持っていく必要がある。精査すべき部分が多いけれど、さらに強くなって来週に迎えられるようにしたい。次の2戦はかなり接戦になると思うので、非常に楽しみだ。思いきりハードプッシュするつもりだ」

セルジオ・ペレス レッドブル・レーシング F1 ベルギーグランプリ

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / セルジオ・ペレス / レッドブル / F1ベルギーGP