レッドブルF1のセルジオ・ペレス 「全く異なるマシンに対応するには時間が足りなかった」
セルジオ・ペレスは、F1でテストとプラクティス時間が限られていることが、以前に運転していたものとは“まったく異なる哲学”のレッドブルのF1マシンへの“スローな適応”に貢献したと考えている。

セルジオ・ペレスは、2021年にレーシング・ポイントからレッドブルに加入。マックス・フェルスタッペンにとってのレッドブルでの4人目のチームメイトとなった。

当初、セルジオ・ペレスは、非常にアグレッシブなドライビングスタイルを必要とすることで知られるレッドブル RB16Bでパフォーマンスを発揮することに苦労したが、F1アゼルバイジャンGPで自身2度目となる優勝を果たした。

その後、トルコ、アメリカ、メキシコで表彰台を獲得したセルジオ・ペレスは、最終戦アブダビGPでルイス・ハミルトンを抑えてマックス・フェルスタッペンのF1ワールドチャンピオン獲得に貢献するなど、力強い形でシズンを終えた。

レッドブル・レーシングとの初シーズンを振り返ったセルジオ・ペレスは、大きく異なる哲学のF1マシンと、プレシーズンテストでの走行時間不足(昨年はチーム合計で3日間に退縮)がいかに迅速な挑戦を困難にしたかを説明した。

「これまでずっと運転してきたものと非常に異なる哲学のマシンに到達したという事実を考慮に入れなければならない」とセルジオ・ペレスは語った。

「その点ではスローな適応だったと思う。でも、まったく異なるマシン、非常に異なるエンジンなので、新しいチームで学ぶべきことはたくさんあるし、基本的にテストはなかった」

「最初のレースまでに1日半のテストをした。でも、丸一日はひたする空力類のことをやった。だから、最初のレースまでに何もしなかったに等しい」

「だから、考慮しなければならない多くの側面がある。でも、全体として、それは有望なシーズンだったと思う。もちろん、もっと多くのことを望んでいたけど、それは仕方ないことだ」

「とにかくプッシュし続けなければならない。ポジティブな日もあれば、ネガティブな日もあった。でも、僕たちは一緒にいる時間が長ければ長いほど、チームとして強くなるだけだ」

昨年、セルジオ・ペレスのパフォーマンスは、8月に署名された2022年の新しい契約で報われた。今年は、新しいシーズンに向けてオーバーホールされた技術規制に適応するために、F1チームは6日間のテストを実施することができる。

金曜日のプラクティスセッションが90分から60分に短縮されたため、昨年は以前シーズンに比べて練習時間が短縮されるという課題に直面していたが、これによりセルジオ・ペレスはレッドブルの2022年F1マシン『RB18』を理解するための時間を増やすことができる。

「奇妙に聞こえるかもしれないけど、時間は足りていない」とセルジオ・ペレスは語った。

「マシンでの、限られた量のテスト、限られた量のプラクティウが影響を与えたと思う。なぜなら、すべてのサーキットが異なるからだ」

「それで、私が走らせたのは非常に異なるマシンだったので、おそらく少し難しくなった。ここでそうなったのは僕だけではない。他の非常に優秀なドライバーが自分のマシンを攻略するのに苦労していたのを見たことがあると思う」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / セルジオ・ペレス / レッドブル / ホンダF1