セルジオ・ペレス 「レッドブルからオファーがなければF1キャリアは終わっていた」
セルジオ・ペレスは、2020年にシート喪失が決定し、レッドブルF1からオファーが届くまでF1引退が頭をよぎっていたと認める。

アストンマーティンF1として活動する2021年に向けて、チームがランス・ストロールのチームメイトにセバスチャン・ベッテルと契約したことで、セルジオ・ペレスのレーシング・ポイントとの時間は突然終わりを告げられた。

2021年のF1シートを探していたセルジオ・ペレスにとって、シーズンが終了したときに可能性として唯一残っていたのがレッドブル・レーシングだった。

レッドブル・レーシングは、アレクサンダー・アルボンにシートを維持することを証明するための時間を与えていたが、最終的にチームはセルジオ・ペレスの起用を決断し、アルボンはリザーブドライバーへと降格した。

2021年にマックス・フェルスタッペンの脇役を演じたセルジオ・ペレスだが、2022年は自身がタイトルへの挑戦を開始することに熱心だ。

だが、レッドブル・レーシングでの初年度の重要なハイライトについて質問されたセルジオ・ペレスは、ホームレースとなったF1メキシコGPでの表彰台を挙げた。

週末を通して、ホームの観客からの声援を受けたセルジオ・ペレスは、3位でフィニッシュしたその日を「非常に特別」だと表現した。これは、2020年のその頃にF1を離れることを検討したペレスにとってはかなりのカムバックだった。

「僕自身にとって、そして、僕のキャリアにとって非常に素晴らしい瞬間だった。初日からすべての人々が一緒にいてくれた」とセルジオ・ペレスはタグ・ホイヤーのポッドキャストにThe Edgeに語った。

「去年、シートがなかったという事実を忘れることはできない。レッドブルが僕にチャンスを与えてくれなかったら、おそらく僕はF1でのキャリアを終えていただろう」

「ファン、観客、家族、あらゆる人々が初日から一緒にいてくれて、初日からキャリアの主なサポーターであるカルロス・スリムがトロフィーをくれたことは、僕たち二人にとって、とてもユニークでスペシャルな瞬間だった」

「素晴らしかったけど、それだけでは十分ではない。いつかホームグランプリで勝ちたい」

セルジオ・ペレスは、バクーのメインストレートでマックス・フェルスタッペンのタイヤをバーストしたF1アゼルバイジャンGPでレッドブルとの初勝利を収めたが、シートがなかったときに悪い状況に陥ったことで、ドライバーのキャリアにおいて、成功よりも逆境から多くの教訓を得たと認める。

「いつも悪い時代からより多くのことを学ぶと思う。そして、最も重要なことはあきらめず、常に先を見据えることだ」とセルジオ・ペレスは語った。

「常に新しい機会があり、常に新しい日がある。明日はもっとうまくいく可能性がある」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / セルジオ・ペレス / レッドブル