レッドブルF1のセルジオ・ペレス 「フェルスタッペンのタイトルを喜んでサポートする」
レッドブル・ホンダF1のセルジオ・ペレスは、チームメイトのマックス・フェルスタッペンが2021年のF1タイトルを獲得するのを助けにために戦い続けることを約束した。

アルファロメオF1への移籍が決定してルイス・ハミルトンへのタイトルチャージへのサポートが疑問視されているバルテリ・ボッタスとは対照的に、2022年もレッドブルF1残留が決定しているセルジオ・ペレスは、マックス・フェルスタッペンをサポートすることを決意している。

「今のドライバーはマックスだ。彼はとても強いだ」とセルジオ・ペレスはCanalPlusに語った。

「彼のチームメイトになるのは簡単なことではないけど、僕はうまくやっているとう」

しかし、レッドブル対メルセデスの激しいタイトル争いに関与することが、F1キャリアで最もストレスの多いシーズンになっているかと質問されたセルジオ・ペレスは「その通りだね」と認める。

「もう終わりに近づいてはいるけど、やるべきことはまだたくさんある。他のシーズンのこの同じ段階では、それ以上プレーすることはなかった」

「でも、今シーズン、僕たちは両方のタイトルのために戦っている、そして、それは巨大だ」

自分自身のパフォーマンスについて、31歳のセルジオ・ペレスは「もっと多くのレースに勝ちたかったけど、チームに適応しなければならなかった」と認める。

「それがこのような競争力のあるマシンでの実際のプロセスだ。それを開始するのは予想より少し時間がかかった」

「でも、このスポーツに参加していると、成功することがいかに難しいかを理解している。保証などない。優秀なドライバーとチームがたくさんいるので、1つのグランプリに勝つことさえ保証はない」

そして、セルジオ・ペレスは、喜んでチームメイトのマックス・フェルスタッペンを全面的にサポートすると語る。

セカンドフィルドを演じることについてセルジオ・ペレスは「それはゲームの一部だ」と語る。

「マックスはチャンピオンシップのために戦っている人だ。そして、僕は彼を助けることに問題はない。それが皆の利益になる。僕を悩ませることはない」

「僕にはチームスピリットがある」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / セルジオ・ペレス / レッドブル / ホンダF1